2013年01月31日

Safari : A Photicular Book

Safari : A Photicular Book
Kainen, Dan (CRT)/ Kaufmann, Carol / Workman Pub Co

ページをめくると、ヒョウが、ライオンが駆けていく、凄い迫力の仕掛け絵本です。
カッコいいし、壊れにくいから学校図書館でも買って!
20130131.jpg

Kainen, Dan (CRT)/ Kaufmann, Carol / Workman Pub Co
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月30日

「宝石」

「宝石」飯田孝一 監修,川嶋隆義 写真
20130130.jpg

出ました!
「プランクトン」を出した技術評論社の第二弾はです。
今回もコンセプト、上手!
地学の棚に、足してください。

発行:技術評論社
B5判/136ページ
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月29日

星里もちる「ちゃんと描いてますからっ!(3)」

星里もちる「ちゃんと描いてますからっ!(3)」
20130129.jpg

「ちゃんと描いてます!」の三巻がでたよ!

ネームはつくるものの(お話とかセリフね)全然ペン入れしないで逃げ出す漫画家のお父さんのかわりに毎回マンガ仕上げてるのは中学二年の長女。
背景その他はパソコンに強い小学生の次女がこなし、あと大人はアシスタント一人。
お母さんはいないので、彼女はご飯作って学校行って買い物して洗濯して掃除してマンガ描いているわけです。
壮絶!
家族の物語であると同時に、これは彼女のクリエーターとしての成長物語です。
こういうの、活字でもやりたいなぁ。
どうやったらできるのかしら?

発行:徳間書店
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月28日

the TEAM ザ・チーム

the TEAM ザ・チーム [単行本]
井上 夢人 (著)
20130128.jpg
井上夢人の「ザ・チーム」が文庫になった。てか、2009には文庫になってるんだけど、増刷された?
だからいま本屋にいけばあるよ。
霊能者、としてテレビで人気爆発の全盲・難聴の能城あや子と、彼女が率いる探索チームの話だ。
つまり、霊視なんてものはないのね。
あらかじめ客を調べあげて、そこからネタを作り出すわけで、それは違法なんだけど、頭の切れる彼女は調べたことから、自殺だと思われていたのが実は他殺だった、というようなことを見つけ出すのだ。
連作短編で、ひとつひとつの話が大きな一つの話にうねってまとまっていくのだが、相変わらずうまいよ。
明るくてしっかりした物語が読みたいかた、どうぞ!

単行本:320ページ
出版社: 集英社
サイズ: 19 x 14 x 3.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月25日

DVD付き はたらくくるま大図鑑(DVD付) (こども写真ひゃっか)

DVD付き はたらくくるま大図鑑(DVD付) (こども写真ひゃっか)
海老原 美宜男 (監修)
20130125.jpg
永岡書店の“こども写真百科シリーズ“はなかなかいいですよ。
安いし、でもそれなりにカッコいいし!
永岡、高橋、西東、といった出版社は、いま、穴場…。
困ったらそこを探すと掘り出し物がありまっせ。

単行本:64ページ
出版社:永岡書店
サイズ:25.4x18.2x1.6cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月24日

田村のやさしく語る小論文―代々木ゼミ方式

田村のやさしく語る小論文―代々木ゼミ方式
田村 秀行 (著)
20130124.jpg

さっすが代ゼミの講師!
うまい!
上手!
わかりやすい!
きちんと定義から入る。
文字も大きくて見やすくてわかりやすい!
でも、これでも解説…弁士がいないとわかんないだろうなぁ、と思う。
授業のテキストで、先生に説明されてから読んだらわかるだろうが…。
やっぱ、ここが、文字の限界なんだろか?
いや、もう少しできると思うな、わかりやすく!
司書は必読!

単行本:135ページ
出版社:代々木ライブラリー
サイズ:20.8 x 14.8 x 1 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月23日

武士のメシ [単行本]

武士のメシ [単行本]
永山 久夫
20130123.jpg
今日いった、飛島の小中学校にありました。
やっぱり、司書がいるといいよねえ。
ソフトカバーの本をゲットできる!
面白い視点です。
ほんと、何食べてたんだろ?

単行本: 127ページ
出版社: 宝島社
サイズ: 24.1 x 18.3 x 1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月22日

さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿

さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿
(宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
中山 七里 (著)
20130122.jpg

ミステリーの好きなかたへ
中山七里の「さよならドビュッシー前奏曲(プレリュード)」は面白いぞ!
探偵役は、脳卒中で車椅子になったイケイケじいさんです。
とにかくタフ!
精神的に……。
そうして地頭のいいこと!
自分の才覚一つでそこらの不動産王になった彼が、早いとこ解決しないと地価が下がる!という理由で密室殺人を解決する
“要介護探偵の冒険”からなる短編五つ。
「さよならドビュッシー」という長編もありますが、こっちから読んだほうが面白いかも。

文庫: 409ページ
出版社:宝島社
サイズ:15.2x10.6x2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月21日

さかなクンと中村征夫の海のおさかな大百科〈1〉

さかなクンと中村征夫の海のおさかな大百科〈1〉
サンゴの海のかわいいさかな
中村 征夫 (著), さかなクン (著)
20130121.jpg

さかなクン監修の、久しぶりにでた魚類図鑑シリーズです。
魚類、足りないな、と思っているところはどうぞ。
大型本: 39ページ
出版社: 新日本出版社
サイズ: 28.2 x 21 x 1 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 赤木かん子著

2013年01月18日

どうぶつフムフムずかん [大型本]

どうぶつフムフムずかん [大型本]

マリリン ベイリー (著)
ロミ キャロン (イラスト)
福本 友美子 (翻訳)
20130118.jpg

低学年用動物図鑑です。
とても魅力的!
入れてください。大型本: 127ページ


出版社: 玉川大学出版部
サイズ: 25.6 x 22.4 x 1.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月17日

海の魚大図鑑

海の魚大図鑑

魚屋さんで見る魚がとてもよくわかる一冊です。
イラストがきれいで大きく見やすく、説明もわかりやすいです。
分類するなら、魚類か、食育か、釣りか水産業か……。
どこが一番自分のとこに似合うか、考えて入れてください。
20130117.jpg
著者:石川皓章 -
発行:日東書院本社
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月16日

ビアトリクス・ポターが残した風景

ビアトリクス・ポターが残した風景 [単行本(ソフトカバー)]
辻丸純一 (著)
20130116.jpg

「ビアトリクス・ポターが残した風景」、メディアファクトリー。
ピーター・ラビットのふるさと、アーサー・ランサムサガの舞台、トリースの「黒旗山」シリーズの舞台……イギリス児童文学の読者にはおなじみの湖水地方ですので、そういう意味でも魅力のある一冊です。
本当に美しい土地ですが、それはポターが半生かけて守ったものなのです。
開発業者からこの地方の景観を守るために、ポターは私財をなげうって、最後には520万坪もの広大な土地の地主になり、ナショナルトラストに遺贈したのですから。
これはもちろん風景写真集なのですが、それを知って眺めると、また格別な味わいがすると思います。

単行本(ソフトカバー): 95ページ
出版社: メディアファクトリー
サイズ: 29.4x 21x 1cm

再掲載-3です
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月15日

オーロラ 瑠璃色のシンフォニー

オーロラ 瑠璃色のシンフォニー

内野 志織:著
毎日新聞社
20130115.jpg

再掲載
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

おとうさんの手

おとうさんの手
まはら 三桃 (著), 長谷川 義史 (著)
2013-01-15.jpg
ただいまっていう前にお父さんは私のことがわかる。
給食の匂いがするよってー。
お父さんは目が見えないけど、だれがきたのかも、雨が降ってくることも百発百中!
雨の匂いがする、肌で感じる、音が聞こえる……。
目で見えるのは前だけだけど、お父さんは360度‘見える’!
凄いでしょ?
これはお父さんが大好きな娘さんの、お父さん自慢なんです。
読み聞かせ向きです。(赤木)

おとうさんの手 (どうわがいっぱい) [単行本]
出版社:講談社
サイズ:21.4x15x1.8cm
単行本:80ページ
再掲載-4
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月11日

「うつにもいろいろあるんです」

「うつにもいろいろあるんです」
こんな風になるんです、というところはマンガで、解説は文字で作られた、うつ、の解説本ですが、よくまとまっていてわかりやすいです。
一口にうつ、といってもいろいろなパターンがあるんだなぁ、ということと、必要な物質が少なくなったり、脳の情報伝達機能のスイッチが間違って入ってることで、思ってることと違う行動をとってしまう……脳も電気信号なんだなぁと思います。
じゃぁ、感情はいったいどこからくるんだ?とも思いますが(笑)中高は買っといてもいいと思います。
2013-01-11.jpg
うつにもいろいろあるんです。 (オレンジページムック)
細川 貂々 (イラスト)
出版社:オレンジページ
商品の寸法:21x14.8x1.2cm
単行本:95ページ
再掲載-3
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月10日

昭和元禄落語心中 雲田 はるこ (著)

昭和元禄落語心中 雲田 はるこ (著)
2013-01-10.jpg
久しぶりに読み応えのある一冊がでました!なにせ、まず絵がうまい!
昭和のすたれゆく落語の世界(という設定なのよ)の孤高の最後の大名人、八雲、に刑務所の慰問できいた落語に一目惚れして、出所後まっすぐ弟子になりにやってきたうどの大木、22才、が主人公ですが、ゆるいこいつと張り詰めた神経のかたまりのような八雲の緩急が絶妙……。
絵だけじゃなくて語りもうまいわ、こりゃ。くーーっ、こーゆーのを活字で読みてえんだよなぁ!
あたしゃ……。
これがまた四ヶ月に一回しかでないイタン(異譚?なのかね)という雑誌連載だそうですが、こんだけうまきゃ黙ってたってヒットするでしょう。
「テルマエロマエ」のように笑える訳じゃないので、あそこまでは売れないだろーが。
文学好きにお勧めする一冊……。

昭和元禄落語心中コミック:160ページ
出版社:講談社
サイズ:18x13x1.6cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月09日

●「地震のイツモノートー

●「地震のイツモノートー
阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル」
渥美 公秀 (監修), 地震イツモプロジェクト (編集), 寄藤 文平 (イラスト)
2013-01-09.jpg
出版社:木楽舎
サイズ 155P 18cm
(再掲載-3)
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月08日

科学キャラクター図鑑シリーズの「数学」!

科学キャラクター図鑑シリーズの「数学」!
ダン・グリーン (著), サイモン・バシャー (イラスト), 原田 佐和子 (翻訳)
2013-01-08.jpg
単行本(ソフトカバー): 64ページ
出版社:玉川大学出版部 (2011/4/9)
発売日:2011/4/9
サイズ:17.6x17.6x1.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:29| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年01月07日

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します
赤木 かん子 2013年

20121228.jpg
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:10| 赤木かん子著