2013年03月29日

鳥に魅せられた少年

鳥に魅せられた少年
―鳥類研究家オーデュボンの物語 (わくわく世界の絵本)
ジャックリーン デビース (著), メリッサ スウィート (イラスト), 小野原 千鶴 (翻訳)
20130329.jpg
ジョン・ジェームズ・オーデュボンの名前をご存知だろうか?
去年ちょっと話題になった。
彼の描いた超有名な「アメリカの鳥」という図鑑が、書籍としては史上最高値をつけたのでー。
その本はアメリカの鳥の実物大の絵の図鑑で、全ページ手彩色なのである。
従って巨大。一メートル近くあるんじゃないかなぁ。
世界でもっとも有名な鳥の図鑑だ。
これはそのオーデュボンが18才のとき、父親にいかされたアメリカで(彼はフランス人です)渡りのあと、同じ巣に帰ってくる鳥は同じ鳥なのか?という謎を世界で初めて解いたときの話だ。
彼はひなの足に銀の糸を結びつけ、翌春その糸をつけた鳥がすぐ近くに巣作りしたのを見つけた。
それまで人々は冬のあいだ、鳥たちがどこでなにをしているのか知らなかった。
オーデュボンが考えたこの鳥の調査方法はいまだに使われているのだそうだ。
一度でいいからお目にかかりたいものです。「アメリカの鳥」ーー。


ハードカバー: 32ページ
出版社:小峰書店
サイズ:25.8 x 20.8 x 0.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 赤木かん子著

2013年03月28日

「天使のピアノ」

「天使のピアノ」
20130328.jpg
これは日本で最初に知的障害者の福祉施設を作った
石井筆子のドキュメンタリー絵本です。
場所は東京都国立市谷保。

古い建物のなかで長年ほこりをかぶっていた古いピアノを調べてみたら、
なんと日本最古のピアノのひとつで、
文献のなかにしかなかった幻のピアノだった!
というわけで市民が金を出し合ってそのピアノを修理した……
そうしてそのピアノの持ち主だった石井筆子の記録も、
ピアノとともに蘇ってきた、というわけです。
ネット武蔵野、という地方出版社の本ですが、
とりあえず公共図書館と東京都内の学校図書館、
このテーマの本が欲しいところは買ってください。

単行本: 39ページ
出版社: ネット武蔵野
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月27日

「クリスティ・ロンドンマッシブ」

クリスティ・ロンドンマッシブ 2 (フラッパーコミックス) [コミック]
新谷かおる (著)
20130327.jpg
「クリスティハイテンション」の第二部「クリスティ・ロンドンマッシブ」の二巻がでました。
10才?だかだったクリスティが、18才になって登場。
今回は“アルミの松葉杖事件!”

やるねえ!

このシリーズは、シャーロック・ホームズのパスティーシュなんですが、ホームズシリーズのなかで、こういう事件があった、と論述されているのに事件の記録がない話が90くらいあるのね。
なんで、ディクスン・カーをはじめ、いろんな人が書いているんですが、この事件を書いてる人はいなかったはず。
シャーロキアンだなぁ、新谷かおる氏…

出版社:メディアファクトリー
サイズ:18x13x1.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月26日

ダンゴウオ: 海の底から見た震災と再生

ダンゴウオ: 海の底から見た震災と再生
鍵井 靖章 (著)
20130326.jpg

ダンゴウオ 海の底からみた震災と再生 
という本が出ました。
震災後の海の中の写真集&解説です。
小学校には郷土、のところは別として、まだ難しい内容ですが(写真はわかります。きれいです)公共図書館は買っといてもいいと思います。

大型本:143ページ
出版社:新潮社
サイズ:25.3x22.6x1.8cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月25日

とりぱん(14)

とりぱん(14) (ワイドKC) [コミック]
とりの なん子 (著)
20130325.jpgとりぱんの14巻がでました!
表紙は、コゲラです。

コミック: 132ページ
出版社: 講談社
サイズ: 20.8x14.8 x2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月22日

花もて語れ 7

花もて語れ 7 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
片山 ユキヲ (著), 東 百道 (著)
20130322.jpg

朗読漫画「花もて語れ」七巻、出ました!
テーマは賢治の「おきなぐさ」です。

コミック: 195ページ
出版社: 小学館
サイズ:18x12.8x2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 11:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月21日

「テレビがなかったころ」

「テレビがなかったころ」
作・絵:イワン・ポモー
訳:とき ありえ
20130321.jpg
フランスの現代の代表的なコミック作家、兼イラストレーター、のイワン・ポモーによる、1945年、つまり第二次大戦後、しばらくのフランスの庶民の暮らし、を描いたものです。
これまた中・高以上でしょう。
特にフランスなので……洗練されてて大人っぽい……フランス映画のコンテのようです。


出版社:西村書店
B4変型判ヨコ 上製 48ページ
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月19日

絶叫学級  13

絶叫学級  13
20130319.jpg
ゼッキョウガッキュウ
著者:いしかわ えみ


絶叫学級の13、出ました。
今の女子向けホラーのイチオシ!
活字版はみらい文庫からでてます。
ものすごく道徳的。
悪い子はひどい目に遭う。
アメリカのグース・パンプスの日本版。
こわいぞぅ。

集英社
判型/総ページ数: 新書判/176ページ
コミックス/りぼんマスコットコミックス
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月18日

月とにほんご 中国嫁日本語学校日記

月とにほんご 中国嫁日本語学校日記
井上純一 (著) , 矢澤真人 (監修)
[単行本]
20130318.jpg
日本人は日本語が大好きだ。
文字とか、言葉に敏感なんだよね。
なので日本語の本は上手に作れば結構当たるし、定期的に出てくる。
この「月(ゆえ)とにほんご」は、日本人男性と結婚した中国人の若い女性、月さんが通った日本語学校の話を描いたエッセイコミックで、いま、売れてます。
日本人はものごとを分析したりつきつめたりするのは苦手なので、いま、国語のテキストとして一番しっかりしてるのは、日本語が母国語でないかたのための日本語習得本だと私も思う。
そういう人が、日本語を学ぶ過程でなぜ?と思うことを考えていくと、日本語を使う人たちの考え方、がわかって面白い。
このなかにも“ビルが建っている”というのはなぜか?という話が出てきますが、日本語は誰がやったのか?ではなく、なにが起きたのか?の行為に注目し、責任をぼかすのを好む言語なので、ビルが建てられたら、ではなく、建った、になるんだそうな……。
なるほど…。
中学・高校にはおすすめ。

単行本:188ページ
出版社:アスキー・メディアワークス
サイズ: 21 x 15 x 1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月15日

バービーと私

バービーと私
宮塚 文子 著
「バービーと私 着せ替えドレスを作り続けた」
20130315.jpg
さあて、これをどこに分類したもんか……。
バービー人形って知ってるよね?
あの、鼻の高い大人顔したアメリカの人形です。
日本では、あのキッとした自我のある顔はあまりウケなかった……。
かわりに、ぼけ〜とした、自我の弱い、幼顔のリカちゃんが出てきたら大ブレイクだったんだよ。着せ替え人形……。
これはそのバービーの洋服を作り続けてきたひとりの職人の半生記です。
まじめでしたたかで働き者のね。
さて、これは服飾か、仕事か、女の一代記か……。

発売元:亜紀書房
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月14日

深海世界

深海世界
20130314.jpg
[単行本(ソフトカバー)
編集協力:新江ノ島水族館

深海の本でめっちゃきれいなのを発見!
学校図書館はあまりなじみがないでしょうが、ビジュアル癒し系、
もしくはデザイン系の本を出してるパイインターナショナルの「深海世界」です。
今年の夏休みの科博の展示は深海、です。
小笠原沖で、世界ではじめて、大王イカの写真を撮ることに成功したし、
東京湾は、サメの宝庫だしね。
「学校図書館の本の選び方」にも、深海、載せてありますから今年は買ってね、深海。


単行本(ソフトカバー): 96ページ
出版社:パイインターナショナル
サイズ:19.8 x 19.2 x 1.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 04:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月13日

桜の雑学事典・・・井筒 清次・著

桜の雑学事典・・・井筒 清次・著
20130313.jpg
大人用の本です……てか、桜は六年生以上のアイテムだな、もともと。
低学年は女子でも、桜みたいなこちゃこちゃした花は好きじゃないようで、桜には興味を持ってくれません。
一つで明確に大きい花が好き。
だからチューリップなのね、ですよ。
でも、高校生くらいからは見るよ。
でもって、司書はぱらぱらみといたほうがいいよ

単行本:253ページ
出版社:日本実業出版社
サイズ:18.2 x 13 x 2.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月12日

ポプラ社 ニュース年鑑2013

ニュース年鑑2013
池上 彰/監
こどもくらぶ
20130312.jpg
サイズ:24.5cm x 18.5cm
ページ数:223ページ
グレード:小学校高学年〜
ジャンル:図書館向け
ポプラ社
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月11日

ポプラ スポーツ年鑑2013

ポプラから例年の「スポーツ年鑑」と「ニュース年鑑」出ました!
3500円ですが……これは必ず買わなくてはいけない二冊です。
両方とも“エンタメ総記”に分類してください。
20130311.jpg
●ソフトカバー
24cm×18cm 223ページ
ポプラ社
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月08日

マリアンは歌う

マリアンは歌う [大型本]
パム・ムニョス ライアン (著), ブライアン セルズニック (イラスト), , もりうち すみこ (翻訳)
20130308.jpg
たぶん、日本人は、ほとんど知らないゴスペルの歌姫、マリアン・アンダーソンの伝記絵本です。
彼女は生まれついての歌手でした。
小学生のときから、自分で自分は歌うべきだ、ということを知っていたわけです。
なので歌手のための学校があるときいて試験を受けにいったら、自分だけ受付で名前を呼ばれない。そうして、あっさりと、この学校は黒人は入れないのよ、と受付で拒絶されてしまいます。
その後スターになってからも、このホールは黒人には歌わせない、と拒絶 され、彼女はヨーロッパにいって大成功し、アメリカに凱旋公演をします。大統領の前で歌うのよ。
読んでやれば六年生暗いなら、黙ってきいてくれるでしょう。
でも、そういうことがあったんだなぁ、ということを知るために、大人こそが読んでおいたほうがいい一冊です。

出版社: 光村教育図書
サイズ: 30.8 x 26 x 1.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月07日

地震--展示用

各公共図書館は”地震展示”を始めたと思いますが、
もし持ってなかったら、四月に本買うときに、入れてね。
20130307.jpg
●「こども地震サバイバルマニュアル」ポプラ社
サイズ:21cm x 15cm
ページ数:200ページ
図書館向け
定価:1,575円
出版:ポプラ社
●「じしんのえほん こんなときどうするの?」
国崎 信江作
福田 岩緒絵
目黒 公郎監修
税込価格:\1,260
出版:ポプラ社
サイズ : 26cm・32p
●「親子のための地震安全マニュアルー家庭で備える地震対策最新情報」インパクト
1000円
単行本:150ページ
サイズ:20.8 x 15 x 1.8 cm
出版:日本出版社
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月06日

母からの伝言―刺しゅう画に込めた思い

母からの伝言―刺しゅう画に込めた思い
Esther Nisenthal Krinitz (原著),
Bernice Steinhardt (原著),
片岡 しのぶ (翻訳)
20130306.jpg光村教育図書
ポーランドのホロコーストを生き延びた少女、エスター・グリニッツが50代になってから作り出した(語り出した……といってもいいでしょう)刺繍画とその解説です。
追われ、バラバラに逃げたエスターは妹と一緒にキリスト教徒のふりをして逃げ延びたのですが、他の家族は全員助かりませんでした。エスターは結婚し、アメリカへ渡り、ある日突然、刺繍を始めたのです……。

大型本: 63ページ
出版社: 光村教育図書
サイズ: 26.8 x 23.2 x 1.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月05日

「かべ―鉄のカーテンのむこうに育って」

「かべ―鉄のカーテンのむこうに育って」
20130305.jpg
戦争テーマの絵本。
ピーター・シスの「かべ―鉄のカーテンのむこうに育って」
ピーター・シスは冷戦のはじめに、チェコのプラハで生まれました。つまりは共産圏で子ども時代を過ごしたわけです。
いつもと同じように見開き一枚をめいっぱいに使った大胆なレイアウトで丹念に当時の生活を描いています。まぁ、絵本だけど、子どもの見る本じゃないね。だから、逆に中・高では使い道があるでしょう。
公共図書館で、この本が読者の手に渡りますように!

かべ―鉄のカーテンのむこうに育って
ハッピー・リユース・プログラム対象作品
作・絵: ピーター・シス
訳: 福本友美子
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!
31×24cm・48頁
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月04日

「満点学習まんが日本の歴史」

「満点学習まんが日本の歴史」
20130304.jpg
2007年に改訂版になってます。分厚いが、
読みやすい。
基本的な大事件はわかりやすいですよ。

単行本: 452ページ
出版社: 学習研究社
サイズ: 25.2 x 18.4 x 3 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年03月01日

ネコにも描けるマンガ教室

ネコにも描けるマンガ教室 (ポプラポケット文庫 児童文学・上級)
夏緑 (著), 小咲 (イラスト)
20130301.jpg
ポプラポケット文庫新刊の「ネコにも描けるマンガ教室」は面白いぞ!
ネコってのは主人公の呼び名っていうかあだ名。
マンガ家になりたいけど可愛く描けないって悩んでるネコが、お絵かき塾で友だちになった同い年の女の子に、ふんわりスカートを描くコツ!とかを教えてもらってバンバンうまくなるって話。
本当に技術の話が中心でストーリーはバック!
今の小学生に読んでもらわないとウケるかどーかわかんないけど(私が読んで面白いものは用心したほーがいいからね!)この“テクニック”シリーズは突破口になるかもしんない!
ここ10年、いつも新しい時代を切り開いてきたポプラ社が、またまた先陣切ったかな?

ただなぁ!
ポケット文庫にしちゃうと、表紙カバーがお行儀よすぎるんだよね。クラシックにはいいんだけどさ!
書店で棚をとるためには必要なのかもしんないけど、このカバーにずいぶん足、引っ張られてるぞ、ポプラはーー。
現代ものと、クラシックを同じにしたら、分が悪いに決まってるだろーに!
まぁ、とりあえず、新学期はこれ、入れて試してみてね!


サイズ:17.5cm x 11.5cm
ページ数:202ページ
小学校高学年〜
ポプラ社
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他