2013年04月30日

グーテンベルクのふしぎな機械

グーテンベルクのふしぎな機械 [大型本]
ジェイムズ・ランフォード (著), 千葉 茂樹 (翻訳)
20130430.jpg

「グーテンベルグのふしぎな機械」あすなろ
またまた千葉茂樹氏が魅力的な本を見つけてきたよ。
この名前がついてる本はほぼ当たり、といっていい。
もちろん、このグーテンベルグ氏は、世界で初めて活版印刷をした、あの男。
解説のところの「これなんだとおもう?」という繰り返しのセリフがうっとうし
いっていえばうっとうしいんだけど、イラストの魅 力はその欠点を補ってあま
りある。
少なくとも、図書館関係者は読んでおかないと!

大型本: 33ページ
出版社: あすなろ書房
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月26日

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!
須崎 恭彦
20130426.jpg

犬のための生活習慣病予防のご飯の作り方の本を見つけました。
利くかどうかはわからない。
使ってないから。
でも、こういうのが出る時代なんだなぁ、と思った。
デザインその他はすんごくいいです。

単行本: 107ページ
出版社: 女子栄養大学出版部
サイズ: 22.8 x 18.4 x 1.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月25日

ちはやふる(20)

ちはやふる(20) (BE LOVE KC)
末次 由紀 (著)
20130425.jpg

百人一首競技がテーマのまんが、ちはやふる、がようやく20巻になって成長し始めた!
ようやく、だ。
成長しないとB級マンガにしかなれない。
さて、これからどうなりますか?

コミック:176ページ
出版社:講談社
サイズ:16.8 x 11.4 x 1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月24日

介護がラクになる マンガ認知症ケア (介護ライブラリー)

介護がラクになる マンガ認知症ケア (介護ライブラリー)
三好 春樹 (著) 市川 リンタロウ (イラスト)
20130424.jpg
優れものです。
今んとこ関係ないや、と思う人も読んだら面白いぞ!
認知症の人がなぜそういう振る舞いをするか、が理解できれば、納得できる、
怒れなくなる、怖くなくなる、共感できるようになれば、そりゃ介護も楽になるよ。
解説がめちゃうまいのがホント凄いよ。

単行本:144ページ
出版社:講談社
サイズ:21 x 14.8 x 1.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月22日

はだしのゲン わたしの遺書

はだしのゲン わたしの遺書 [単行本]
中沢 啓治 (著)
20130422.jpg
去年亡くなった中沢啓治氏の最後の一冊、の自伝が出ました。
彼がいなかったら、いま、私たち日本人のなかでも、ナガサキ・ヒロシマはこんなに生き長らえなかった……。

実際に、ポプラから2004年にでた「グラウンド・ゼロがくれた希望」のなかに書いてあるように、アメリカに劣化ウラン弾を使われたイラクで、頭のない子どもたちがたくさん生まれている、ということを知っている日本人がどのくらい、いるか(この本も優れた本です)を考えたら、知らない、ということは恐ろしいことです。

それを考えたら、「はだしのゲン」を読んだことのない小学生のほうが少ないだろうというのは凄いことです。
この本も、非常に明瞭にイメージが浮かび上がってくる、優れた文章で「はだしのゲン」の書いてない部分を補ってくれると同時に「はだしのゲン」を読んでない人でも明確に理解できる内容です。
もしまだ読んでいなければ、読みたくなるでしょう。
この本ができあがって、一週間後にお亡くなりになったそうです。

ご冥福をお祈りいたします。

単行本: 224ページ
出版社: 朝日学生新聞社
サイズ: 21.6 x 15 x 2.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月19日

クレヨンしんちゃんたのしいお仕事図鑑

クレヨンしんちゃんたのしいお仕事図鑑 [単行本(ソフトカバー)]
リベロスタクレヨンしんちゃんたのしいお仕事図鑑 [単行本(ソフトカバー)]
リベロスタイル (編集)
20130419.jpg

クレヨンしんちゃんのお仕事本出ました。
仕事本は少ないので貴重です。


単行本(ソフトカバー): 128ページ
出版社: 双葉社 (2012/11/21)
サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm

posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月18日

ルルとララのにこにこクリーム (おはなしトントン)

ルルとララのにこにこクリーム (おはなしトントン)
あんびる やすこ (著, イラスト)
20130418.jpg
ルルとララのにこにこクリーム
出ました。
ゼッタイ買い、ですが、最近はなんか、物語ではなく、レシピとして見ているらしく、この前、日曜日にお母さんと作るんだ、と借りていった人が……。
このシリーズも終わりだとすると、ほかになにを出せばいいのか?!

単行本: 72ページ
出版社: 岩崎書店
サイズ: 22.3 x 15.5 x 1.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月17日

小学館 学習まんが 世界名作館(シリーズ)

小学館 学習まんが 世界名作館(シリーズ)
ロミオとジュリエット画/羽田伊吹 原作/シェイクスピア

20130417.jpg
どこかがやると思ってましたが、小学館が作りましたね。
低学年でも読めるまんが名作シリーズ。
イラスト、新しくてかっこいいです。
読んでくれるかどうかは試してみないとわかりませんが。

仕様:判型/頁 菊判/160頁
小学館
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月16日

脳力アップ!あやとり

脳力アップ!あやとり セレクトBOOKS
野口 廣 監修
20130416.jpg

あやとりの新しい本は貴重です。

発売元:主婦の友社
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月15日

数学脳を育てる数学図鑑 [絵本]

数学脳を育てる数学図鑑 [絵本]
マイク ゴールドスミス(著)、池内 恵(訳)
20130415.jpg
わりとカッコいい数学の本が出ました。
これで数学脳ができるかどうかはギモンですが、
使えるネタ、はいっぱいある感じです。
数学の本は数少ないので、買っといていいと思います。

出版社:主婦の友社
著者:マイク ゴールドスミス(著)/池内 恵(訳)
ページ数:128ページ
さいず:縦29cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月12日

ポケモンクロスワード

ポケモンクロスワード [単行本]
小学館 (著)
20130412.jpg

カタカナを書けるようになったひとに、これ、とてもいいよ。
なによりもいいのは、書きたいと思う言葉を書くようにできているところ
みんな喜んでやるだろうし、やってて楽しいでしょう。
できれば第二弾として、ツとシとか、間違えやすい文字のを作ってほしいな。

単行本: 96ページ
出版社: 小学館
サイズ: 25.2 x 18 x 1.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:06| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月11日

ワンダラ

ワンダラ
20130411.jpg
読みやすくて、なかなかに手応えのあるシリーズが出ました。
1、2、3巻が同時?に出て、あとは順次、何だけど、この判断は正しいね。一応三巻までで序章なの。
地下ポッドのなかで、世話役のロボットと暮らしてた12才の女の子が主人公です。
彼女は地上に出たい!が望みなのですが、その願いはある日、いきなり誰だかわからない敵に襲われることでかないます。

ここはどこ?
私は誰。
なんで、地下ポッドにいたの?
私の仲間は?

(未編集)
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:18| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月10日

茶柱倶楽部 2

20130410.jpg茶柱倶楽部 2 (芳文社コミックス) [コミック]
青木 幸子 (著)



「茶柱倶楽部」1、2、3巻出そろいました。


出版社: 芳文社
サイズ: 18 x 13 x 2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 11:03| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月09日

茶柱倶楽部

茶柱倶楽部 3 (芳文社コミックス) [コミック]
青木幸子 (著)
20130409.jpg

「茶柱倶楽部」1、2、3巻出そろいました。
静岡の茶商の娘、いいだすず、が宝くじであたった金で移動店舗の茶店(文字通り、日本茶を出す店)トラックを作り、日本中旅しながらお茶入れてく話です。
お茶そのものの話が面白いのと、もうひとつ、仕事とは何か?という話でもあります。
お茶を仕事にしたいのはわかっている…。
そのお茶関係のなかで、私はいったいなにをすればいいんだろう、何をしたいんだろう?を探す旅でもあるわけですね。
ぷらす、薫り、というのは思い出の重要な要素です。
味、もね。
旅の途中で彼女はお客さんに請われるままに、ばあちゃんや亡くなった奥さんや、元カノが淹れてくれたお茶を見つけてやります。
そういうものは命に別状はないものの、ずっと喉にひっかかってチクチクする小骨みたいなもので、そのお茶をもう一回飲むことでその人は自分の土台や生き抜くエネルギーを取り戻すことができる…。
読み応えのある、上等なコージーミステリーだともいえるね。
お茶、といえば茶道ばかりで、日常のお茶の話はなかったと思いますが、いいとこに目をつけたね、だし、キャラもたってるし、ストーリー展開も上手。
それにね、読むと、本当に、お茶、飲みたくなるよ。
あ〜ぁ、こういうのを活字で読みたいな〜、とつくづく思うよ。
さて、四巻からの展開が楽しみだ!

コミック: 195ページ
出版社: 芳文社
サイズ: 18 x 13 x 2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:04| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月08日

「ちいさなつきがらす」

「ちいさなつきがらす」
20130408.jpg
「にじいろのさかな」で大ヒットをとばしたフィッシャーですが、
あれはあまりいいと思わなかったのに、これは凄いよ!
人をいじめるのはなぜか?
と、いじめる側といじめられる側がそこから抜けだす物語を凛として描いています。
わかりやすいのにかなりハイレベル!

単行本: 28ページ
出版社: 講談社
作・絵: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎
サイズ: 29 x 22.2 x 1.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

角川つばさ文庫5月

今月の角川つばさ文庫
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月05日

これなんてよむ?―どうぶつのかんじ

これなんてよむ?―どうぶつのかんじ [単行本]
すなやま えみこ (著)
20110405.jpg

動物の名前の漢字は当て字が多いので、確かに面白いです。
豚→海の豚?→川の豚?
魚に虎?
海の月?

いいところに目を付けたよ。イラストも可愛いです。

単行本: 31ページ
出版社: ポトス出版
サイズ: 26.2 x 18.4 x 1 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月04日

秋山仁のかがみでみつけるかずかたち [大型本]

秋山仁のかがみでみつけるかずかたち [大型本]
グループ・コロンブス (著), 秋山 仁 (監修), あおき ひろえ (イラスト)
20110404.jpg
鏡にうつすと数や形が変化する、不思議で楽しい一冊です。
ただし、大勢に見せるのにはたぶん無理、だなぁ!
何才かな。4、5才からいけると思うな。
企画制作のグループコロンブスは、いつもなかなか楽しいことをしてくれる集団です。
そうしてこういうタイプの本の絵ってなかなかに難しいのですが、
力があると思ったら、青木ひろえさんでした。
通りで!

グループ・コロンブス 作
あおきひろえ 絵
秋山仁 監修


大型本: 23ページ
出版社: 文化出版局
サイズ: 24.8 x 19.2 x 1 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 04:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月03日

ディキノドン!

ディキノドン!
20130403.jpg

博品館行ったら、アノマロカリス作ってる例の会社がバカバカ新作作っててさ、これはペルム紀後期、汗腺を発達させ、栄養分のある汗を流して子どもになめさせた最初の動物……つまりはこれが授乳の起源(カモノハシはいまだにそうです。乳腺がないんだよ)最初の哺乳動物ってことになるんだって!
おっぱいって、汗だったんか!

株式会社 博品館
http://www.hakuhinkan.co.jp/
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年04月01日

小学校で習った言葉 さか上がりを英語で言えますか?

小学校で習った言葉 さか上がりを英語で言えますか?
守 誠 (著)
20130401.jpg

確かに!
こういう日常語のほうが案外難しいもんです。
という日本語を英語でなんというのか、を集めた一冊。
イラスト入りで読みやすい。
おまけになんてったって500円!
出版界も少しずつ変わってきてるのかなぁ。

単行本:239ページ
出版社:サンリオ
サイズ:18.2 x 13 x 2.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他