2013年05月31日

世界の科学者図鑑 (ヴィジュアル歴史人物シリーズ) [大型本]

世界の科学者図鑑 (ヴィジュアル歴史人物シリーズ) [大型本]
アンドルー ロビンソン(原著), 柴田 譲治 (翻訳)
20130531.jpg
分厚いです。そうして、伝記シリーズでは飛ばされてしまう人たちも載っているのがいいです。
文章、読みやすいです。

大型本: 304ページ
出版社: 原書房
パッケージサイズ: 24.6 x 19 x 3.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月30日

「いろ」「かたち」「たいしょうご」

「いろ」「かたち」「たいしょうご」カッコいいデザインと、
透明シートを使ったビジュアル系シリーズです。
どこのだろうと思ったら、シルバーバックでした。

アメイジングブック いろ
アメイジングブック かず
アメイジングブック かたち
アメイジングブック たいしょうご
20130530.jpg

サイズ:207mm×227×10mm
株式会社シルバーバック
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月29日

鉄道なう!―はたらく人たちと車両

鉄道なう!―はたらく人たちと車両 (KIDS鉄っちゃん) [単行本]
キッズ鉄道探検隊 (著)
20130529.jpg
はたらく人たちと車両、いかだ社
電車だけでなく、ケーブルカーや、モノレールものってます。

単行本: 63ページ
出版社: いかだ社
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 02:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月28日

ディズニーキャラクターさがし絵本

ディズニーキャラクターさがし絵本
―アリスと不思議の国のABC― (FUN TO FIND BOOK)
イーボッシュスタジオ (著), 小宮山 みのり (著)
20130528.jpg
ディズニーキャラクターさがし絵本 講談社
何かを探すだけでなくて、ABCの本にもなってます。

単行本: 32ページ
出版社: 講談社
パッケージサイズ: 30.2 x 24.6 x 0.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月27日

てっぱくにいこう!―

てっぱくにいこう!―鉄道博物館完全ガイド [大型本]
恵 知仁 (著),宮田 道一 (監修)
20130527.jpg

てっぱくにいこう! 小学館
てっばく……鉄道博物館の本はそんなにないので、欲しいと思っていたかたは、買いでしょう。
写真は大きくてきれいです。

大型本: 111ページ
出版社: 小学館クリエイティブ
サイズ: 25.4 x 21 x 0.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月24日

東京の電車ものしり百科 (きらり!好奇心)

東京の電車ものしり百科 (きらり!好奇心) [大型本]
学研パブリッシング (編集
20130524.jpg
乗りものの本を見に行って、いくつも見みましたが、この“好奇心”シリーズ が一番感じ良かった気がします。ただ、私は鉄道ファンではないので、電車の好きな人たちの意見を聞いた方がいいと切に思いますね。
誰かおしえてくれないかな。

大型本:79ページ
出版社:学研パブリッシング
パッケージサイズ: 29.8 x 20.8 x 1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月23日

国内全路線図付き 日本一周! 鉄道大百科

国内全路線図付き 日本一周! 鉄道大百科 [大型本]
山 友也 (監修)
20130523.jpg

今まで見たなかでは、一番中学年(つまり四年生ってことだけど)向きだと思います。
日本地図と鉄道路線図とミニ知識の混ざり具合がいい感じ。
小学校にはいいと思います。

大型本: 95ページ
出版社: 成美堂出版
サイズ: 29.6 x 21 x 1.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月22日

ラファエロ

ラファエロ
作: ニコラ・チンクエッティ
絵: ビンバ・ランドマン
訳: 青柳 正規

20130522.jpg
西村書店の画家絵本シリーズの「ラファエロ」がでました。
「シャガール」と同じように、インパクト、ある絵です。

出版社: 西村書店
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月21日

学年ごとの、白川漢字本

漢字なりたちブック 1年生: 白川静文字学に学ぶ [単行本]
伊東 信夫 (著), 金子 都美絵 (イラスト)
1年生
20130521.jpg

学年ごとの、白川漢字本、出ました。
一文字一文字、成り立ちの解説がついてます。

1年生、2年生、3年生、4年生、5年生、ようちえん

単行本: 128ページ
出版社: 太郎次郎社エディタス
サイズ: 19.3 x 13.6 x 1.7 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月20日

学校図書館の本のえらび方

読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方
赤木かん子 著

新刊出ました。
学校図書館の本の選び方
緑色の本です。
公共図書館は、ここにのっている本くらいは買ってください。
みなさんも、リクエストしてください。

20130402.jpg

--------------------------------
●光村チャンネルWEB1から転載
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/shohin/etc/book140.html

お待たせしました! 赤木かん子の学校図書館シリーズ第3弾!

赤木かん子氏ならではの、子どもの皮膚感覚に基づいた選書の視点で、
1,100冊を分類ジャンルごとに紹介。
「どんな本を買えばいいかわからず困っている」
「忙しくて選書がなかなかできない」
という司書や司書教諭の方々必携。
この1冊で、仕入れのいい魅力的な学校図書館づくりが実現できます。
---------------------------------
B5判、144ページ
光村図書出版
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 赤木かん子著

2013年05月17日

集英社 みらい文庫-活字版「ONEPIECE」シリーズ

ONE PIECE(ワンピース)
ローグタウン編 みらい文庫版
尾田栄一郎 原作
浜崎達也 著
20130517.jpg

みらい文庫の「ONEPIECE」がシリーズ七冊になりました。
つい先日、新中一から、ジャンプノベルズの赤いやつじゃなくて、みらい文庫のが欲しい、といわれました。
ジャンプノベルズのは、ふるっぽいんだそうです。
いわれてみりゃ、確かに書体とかそうかも。
というわけで、入れてね、活字版「ONEPIECE」シリーズ

集英社 みらい文庫
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月16日

わたしには夢がある

わたしには夢がある
歴史に残る名演説が、絵本になってよみがえる
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア/文
カディール・ネルソン/絵
さくまゆみこ/訳

20130516.jpgこれは、マーチン・ルーサー・キング牧師の、
1963年8月28日に行われた、有名な演説をもとに、
絵本にしたものです。
アメリカでは知らない人がいないであろう日付と演説ですが、
今の日本でご存じのかたは少なくなっただろうと思います。
ましてや、子どもたちはー。
バックボーンを知らないので、
少々うるさくない程度に解説が必要であろうと思いますが、
読み聞かせできる範囲の本ですので、
どうぞよんでやってくださるよう、お願いいたします。

対象・小学校中学年から
仕様・A4変型判・34ページ・4色刷り
光村教育図書
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月15日

ある日とつぜん、霊媒師

ある日とつぜん、霊媒師
エリザベス・コーディー キメル (著), もりうち すみこ (翻訳)
20130515.gif
「ある日とつぜん、霊媒師」の三巻がでました。
これはお母さんも霊媒師、で、自分も13歳になったとたんに幽霊が見えるよう
になった女の子、キャサリン、通称キャット、が主 人公です。
というわけで、これは悪霊も出てくるし、一応ホラーですが、怖い話というより
はホラー風味の少女小説です。
小学校中学校に入れてみてもいいと思うよ。

単行本:333ページ
出版社:朔北社
サイズ:19.3x13.2x2.6cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月14日

ミラー衛星衝突 上

ミラー衛星衝突 上 (創元SF文庫) [文庫]
ロイス・マクマスター・ビジョルド (著), 小木曽 絢子 (翻訳)
20130514.jpgこれは学校図書館に買うにはちょっとためらうけど、小説の好きな人には進めて
もいいと思うシリーズだ。
ロイス・マクマスター・ビジョルドのヴォルコシガン、シリーズね。
なぜ、学校図書館にはためらうかというと、これがSFだから。
いまはSFは分が悪いからねえ。特に外国のSFはー。
SF自体がないわけじゃない。
むしろ、盛況ですよ?
なにせガンダムもライダーもウルトラマンだって、みんなSFなんだから。
ただ、SFだと認識はされてないかもしれないが。
ターミネーターだって、SFだ。
いや、読者はいると思いますよ?
このシリーズだって、もうこれで冊数だけなら17冊目ですからね。
まったくいないなら出せないでしょう。
でも学校、つまり18歳以下ってことね、に、外国産の活字のSFは出しにくい
のですよ。
星新一の短編集も最近はあまりでなくなってしまい、SFは本当に棚がなくなっ
てしまいそうなのだ。
小説はただでさえ風景描写を理解するのが難しい。
外国はなおさら、そのうえに、著者がでっちあげた架空世界を想像しなければな
らないSFはさらにハードルが高いからだ。
という苦難を飛び越えて来られるかたにはこのシリーズは面白いですよ、といえる。
バラやー帝国の国主の跡継ぎ、マイルズ・ヴォルコガンはいろんな理由で小男、
病弱、であるが、頭はめっぽう切れる。
最初から読むにはしんどい、というかたはこの本の前の「ミラー衛星衝突」から
でもいいですよ。
さまざまなねたみ、嫉妬、嘲笑をくぐりぬけつつ、自分が侮られていることを利
用して飄々と仕事するこの小男は、ユーモアたっぷ り、アクションバッチリ、
のSF界のジェームズ・ボンドです。
SFはどうも、というかたには、なに、それらしい描写がでてきたら飛ばしなさい。
お話にはさしつかえ、ありませんからね、といっておこう。

文庫: 334ページ
出版社:東京創元社
サイズ:15 x 10.8 x 1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月13日

ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂

ジョン万次郎 海を渡ったサムライ魂 [ハードカバー]
マーギー・プロイス (著), 金原 瑞人 (翻訳)
20130513.jpg
これを紹介するのを忘れていました。
「海を渡ったサムライ魂 ジョン万次郎」
アメリカ人が書いたジョン万次郎の伝記です。
金原氏の翻訳が、カッコいいんだ。
だから、スラスラ読めるよ。
魅力的な伝記って少ないんだけど、これは、リアル系好きじゃない人でも楽しめます。

ハードカバー:320ページ
出版社:集英社
サイズ:19.2x13.4x3.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月11日

「この羽だれの羽?」

「この羽だれの羽?」
20130502.jpg

鳥類に、もう一冊魅力的な本が出ました。
「学校図書館の本の選び方」のリストに足しておいてください。
なんともいえない、表紙のクリームのぼかしがすてきです。
っだれの羽かを探すやりかた、考え方から、羽毛とは何か?
羽の役割、生え方、抜け方、コレクションの仕方に至るまでまんべんなく羽毛に
ついて網羅していて使える上に魅力的!
やっと日本からこういう本が出てきました。

単行本:40ページ
出版社:偕成社
サイズ: 28 x 24.2 x 1.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方

読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方
赤木かん子 著

新刊出ました。
学校図書館の本の選び方
緑色の本です。
公共図書館は、ここにのっている本くらいは買ってください。
みなさんも、リクエストしてください。
20130402.jpg

B5判、144ページ
光村図書出版
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 赤木かん子著

2013年05月10日

おおきく振りかぶって(21)

おおきく振りかぶって(21)
ひぐち アサ (著)
20130510.jpg
21巻出たよ!
しかし、一年生の四月から秋までで21巻!
三年生の夏までには、何巻になっているのであらう。
好きだから、いつまでもかいていてくださって、かまいませんがね。
ええ、ついていきますとも!
全員が少しずつ大きくなっていく(心身ともに)のがすごくよくわかって凄い!
こういうのを、活字でやれなきゃ嘘だよなぁ、と思いつつ、やりかたがわからないのが悲しい。
活字はどんどん薄っぺらくなっていく。
そろそろ巻き返しがある頃だとは思うんだが。

コミック:224ページ
出版社:講談社
サイズ: 18 x 12.8 x 2.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月09日

ゴジラ誕生物語

(文研じゅべにーるノンフィクション)
山口 理 (著)
20130509.jpg

文研出版から「ゴジラ誕生物語」が出ました。
怪獣映画の原点となったゴジラですが、もういまでは初代のゴジラに興奮した人
たちも、60代ではないでしょうか?
ということは、若い人たちは(よっぽどのファンは別として)こういう話は知ら
ないに違いない。
というわけで、子どもたちはもちろん、大人二もおすすめです。
あまり特撮に興味のない司書も読んでおいたほうがいいよ。
ゴジラはもう、教養のひとつですからね。

単行本:191ページ
出版社:文研出版
サイズ:21.2x14.8x2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月08日

リンカーン大統領のせいじつなことば―エイブラハム・リンカーンの生涯

リンカーン大統領のせいじつなことば―エイブラハム・リンカーンの生涯
ドリーン ラパポート (著), カディア ネルソン (イラスト), もりうち すみこ (翻訳)
20130508.jpg

続いてリンカーンの本


出版社: 国土社
サイズ: 27.9 x 25.7 x 1 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月07日

リンカーン アメリカを変えた大統領

リンカーン アメリカを変えた大統領 (角川つばさ文庫)
結川 カズノ (イラスト), 越水 利江子
20130507.jpg

もうどこの図書館でも、つばさ文庫とみらい文庫は全冊買っているだろうけど、
読んでまでいる人は少ないかもしれない。
というわけで、もう見てます、という人もいるだろうけど、まだだったら、つば
さの「リンカーン」は読んどいたほうがいいよ、と いうのが今日の一冊。
もちろん、アカデミー賞をとった映画「リンカーン」がでたからこの本が出たん
だけど、書いた越水利江子さんの文章がとてもうま いので、大人の人が読みた
いといってきた時も、これが一番読みやすいと思うんだ。
リンカーンの本はもう一冊「リンカーン大統領のせいじつなことば」という絵本
があります。

単行本: 223ページ
出版社: 角川書店 (2013/4/15)
サイズ: 17.4 x 11.4 x 2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月03日

読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方

読書力アップ! 学校図書館の本のえらび方
赤木かん子 著

新刊出ました。
学校図書館の本の選び方
緑色の本です。
公共図書館は、ここにのっている本くらいは買ってください。
みなさんも、リクエストしてください。

20130402.jpg

--------------------------------
●光村チャンネルWEB1から転載
http://www.mitsumura-tosho.co.jp/shohin/etc/book140.html

お待たせしました! 赤木かん子の学校図書館シリーズ第3弾!

赤木かん子氏ならではの、子どもの皮膚感覚に基づいた選書の視点で、
1,100冊を分類ジャンルごとに紹介。
「どんな本を買えばいいかわからず困っている」
「忙しくて選書がなかなかできない」
という司書や司書教諭の方々必携。
この1冊で、仕入れのいい魅力的な学校図書館づくりが実現できます。
---------------------------------
B5判、144ページ
光村図書出版
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 赤木かん子著

2013年05月02日

「この羽だれの羽?」

「この羽だれの羽?」おおたぐろ まり (著, イラスト)
20130502.jpg

鳥類に、もう一冊魅力的な本が出ました。
「学校図書館の本の選び方」のリストに足しておいてください。
なんともいえない、表紙のクリームのぼかしがすてきです。
っだれの羽かを探すやりかた、考え方から、羽毛とは何か?
羽の役割、生え方、抜け方、コレクションの仕方に至るまでまんべんなく羽毛に
ついて網羅していて使える上に魅力的!
やっと日本からこういう本が出てきました。

単行本:40ページ
出版社:偕成社
サイズ: 28 x 24.2 x 1.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 12:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年05月01日

「海の上に暮らす」作:関野吉晴

「海の上に暮らす」作:関野吉晴
20130501.jpg

医者兼探検家、関野吉晴の本が続々とでています。この夏、科博で展示があるか
らかな。
これはインドネシア海域の海の上で暮らすパジョ、という人たちの暮らしを描いた
写真絵本です。
この人たちの暮らしなら、子どもたちも興味を持ってくれるかも。
争いが始まったら、とっとと船を動かしてその場を離れてよそにいくなんて、な
んてすてきなひとたち!
ですよ。

出版社:ほるぷ出版
サイズ:22.3×23.4cm
ページ数:60ページ
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他