2013年07月31日

旦那(アキラ)さんはアスペルガー

旦那(アキラ)さんはアスペルガー [単行本]
野波 ツナ (著), 宮尾 益知 (監修)
20130731.jpg

これは、たいそう役に立つ「旦那さんはアスペルガー」。
どうも変だ変だ、話が通じないよ〜、と思っていた謎が、夫が成人アスペルガーだとわかって、一気に解けた!という女性のコミックエッセーです。
エピソードが具体的で、状況説明が明確。
とにかく向こうは“変われない”のだから、こっちが対応のしかたを変えるしかないわけですが、そこまでたどりつくのは大変です。
そうなんだ、ということがわかり、愕然、納得、混乱、不安、怒り、というようなプロセスを経て、ようやく安定できるようになるまで、を描いていて、相手のことを知っていれば(知識があれば)無駄に怒らなくてすみ、素早く的確に対処できるわけですから、子ども関係者は知らないとまずいでしょう。
アスペルガーの人にはまっすぐ目を見て話してはいけない、横にすわって、同じ方向を向いて怒らずに冷静に説明したほうがいい、なんて、普通気がつけないよ!
この一冊に助けられた人は多いと思います。
司書必読!
続編もあります。

単行本:143ページ
出版社:コスミック出版
サイズ:20.8x14.8x1.6cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月30日

自閉症だったわたしへ

自閉症だったわたしへ (新潮文庫) ドナ ウィリアムズ、 河野 万里子
20130730.jpg
何日か、自閉症(という単語をいま使っていいかどうかわからないが)の本特集……。

一回目は、記念日的作品であるドナ・ウィリアムズの「自閉症だった私」をーー。
このタイトルからして古さを感じるが(だった?って変でしょう。
なくなるわけではないのに)
自閉症の人は(といってもこれまた個人差があるので、厳密にはサラが、ということになるが)どのように世界を捉えているか、ということを解説してくれた、画期的な一冊である。
そのうえ、これは素晴らしく文芸的な一冊だったのだ。
つまり、知識人をうならせるような、文体も内容もハイレベルだったのである。
(従って、難しいといえば難しい一冊です、これはーー。)

そうしてそのなかの、私たちは嘘をつかない(つけない)が、他の人は嘘をつく、とか、ブランコで揺れていると安心する、とか、情報の選択が下手なので、スーパーにいくと全部目に飛び込んできてクラクラする、とか、そうか!
そんなふうに感じるんだ、なるほど〜、と思うようなことがたくさん書いてあったのだ。

私が一番へーっ、と思ったのは、小さいとき、母親が着せてくれたシャツが、まるでイラクサのようにチクチクするので、いやだといって泣き叫んだ、という話で、イラクサかぁ、そりゃあ着られないよな、だが、母親にしてみればわけがわからず、だったろうな、というエピソードである。
怒らずに、着たくないならたぶん訳があるのだろう、とおもってそのシャツをやめれば問題は起こらない。
説明できるなら、説明してもらえばいいし。
この人も、たぶん子どものときに、わかってもらいたい、と思ったのだと思う。
だから大人になって、自分に“書く”力があることを発見し、書いたのだ(たぶん、大人になっても話すことは難しい感じだった)。

知識があれば怒らなくてすむ。
子どもと応対する仕事をしている(あ、いや、大人もか。市役所の窓口の人にも必要な知識だ)人には必読書の一冊。

文庫:489ページ
出版社:新潮社
サイズ:15x10.8x2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 02:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月29日

うみのいえのなつやすみ

うみのいえのなつやすみ
青山 友美 著
20130729.jpg

楽しい楽しい海の家に遊びにいく話です。
小さい人たちは読んでもらうだけでいった気分になれるでしょう。

出版社:偕成社
サイズ:25.2x21.4x1.4cm
大型本
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月26日

新装版 みずまき

新装版 みずまき (講談社の創作絵本Best Selection)
木葉井 悦子 (著)
20130726.jpg
天才!木葉井悦子の夏の絵本「みずまき」です。
たいていの一般の絵本好きにはウケないんですが、子どもたちと、
プロとマニアにはウケます。
何年たっても古くならない凄い絵だよ。一度お試しあれ。

単行本: 32ページ
出版社: 講談社; 新装版
サイズ: 26.2 x 24.4 x 1.1 cm

posted by 本の探偵 赤木かん子 at 00:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月25日

からだにおいしいフルーツの便利帳

からだにおいしいフルーツの便利帳 [単行本(ソフトカバー)]
三輪 正幸 (監修)
20130725.jpg
くだものの食材図鑑ですが、このシリーズは、本当にデザインとコンセプトがうまいです。
読み物として読んでも面白く、くだものには季節感があるので、季節展示としても使えます。
小学校でも入れてください。

単行本(ソフトカバー): 160ページ
出版社: 高橋書店
サイズ: 23.4 x 18.4 x 1.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月24日

知っておいしい 肉事典

知っておいしい 肉事典 [単行本]
実業之日本社 (編集)
20130724.jpg
食材図鑑ですが、見やすく(ということはデザインがいいってことだよ)
こっちが知りたいことを的確に解説してくれている優れ本です。
これで1500円は安いよ!
小学校でもこのくらいの本はいれといたほうがいいよ。

単行本:160ページ
出版社:実業之日本社
サイズ:21.8x15.2x1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 04:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月23日

本棚の本 [単行本]

本棚の本 [単行本]
アレックス・ジョンソン (著), 和田 侑子 (翻訳)
20130723.jpg

世界各国のデザイナーが作ったいろいろな本棚の写真集です。
カッコいい書架がいっぱい。
実際にはここまで遊べないけどねえ、いいヒントはたくさん転がってそうな気がします。

単行本:272ページ
出版社:グラフィック社
サイズ:19x18.4x3cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月22日

銀の匙 Silver Spoon 8 ホルスタイン部タオルつき特別版

銀の匙 Silver Spoon 8 ホルスタイン部タオルつき特別版

(小学館プラス・アンコミックスシリーズ) [コミック]
荒川 弘 (著)
20130722.jpg
出ました!
8巻!
凄いなぁ。
全然パワーが衰えない。
まさかの展開、ずっと、坂登りっぱなし!
巧いねえ。
話変わるけど
荒川弘のおかげで、ばんえい競馬……盛り返さないですかね?
生身の迫力、今ならウケると思うんだけど。

コミック: 186ページ
出版社:小学館
サイズ:17.6x11.4x5.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月19日

SAFARI : CAROL KAUFMANN

SAFARI : CAROL KAUFMANN
20130719.jpg

サファリ、はもともとはアラビア語で「旅」という意味なんだそうだが、いまはどう考えても、
動物がいるところ、とか、狩猟の意味で使われてるよね。
これはどのページも動物が動く仕掛け本で、表紙からしてチータが走る走る!
まだ翻訳ものはないと思う。
似たような名前の仕掛け本があるので買うときはご用心。
タイトル、装丁のデザインもカッコいい。
こういうセンスって日本の本にはなかなかないよなぁ、と思う。

SAFARI : CAROL KAUFMANN

CAROL KAUFMANN
WORKMAN
サイズ:210×210mm
31ページ / 英語
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月18日

文庫 銃・病原菌・鉄 (上)(下)

文庫 銃・病原菌・鉄 (上)(下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫) [文庫]
ジャレド・ダイアモンド (著) , 倉骨彰 (翻訳)

20130718.jpg

「銃・病原菌・鉄」(2000年から2009までのあいだに書かれた本のベストワンに選ばれた)の著者、
ジャレド・ダイアモンド 教授の1997年度に訳された本の文庫です。
人間の性は他の哺乳類と比べると大変“変わっている”……。
えっ?どこが?
たとえば……
人間のメスは自分で自分の排卵を認識できない……。
人間のメスは閉経する……。

えっ?
それって普通じゃないの?
閉経するのって、ヒトだけなんだってさ。
生物の目的は子孫繁栄だから。
なのに、なぜヒトだけは、閉経しちゃうの?
してから長く生き延びるの?

レポートを書くには、まず「謎」…それもできれば「魅力的な謎」が必要です。

謎を提出した教授は(そうして謎を作るには他と比べればできる、ということをここで教えてくれます)では、なぜ、ヒトだけがそうなったのか、を書いていくわけですが、面白いのはそれがそのままレポートの書き方指南になっていることです。
どういう考え方をし、証拠を集め、検証していくかの実地レポートになっているわけよ。
しかも文章が上手い!

だから、司書はちゃんと読んだほうがいいぞ。いいレポートってどういうの?の答えみたいなもんだからさ。
「銃」に比べればこっちは短いから、そんなに苦労しなくても読めます。

文庫:416ページ
出版社: 草思社
サイズ: 15.2 x 10.6 x 2.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月17日

知られざる動物の世界-(7巻シリーズ)

知られざる動物の世界 1
(シリーズ全7巻あります)
20130717.jpg
食虫動物・コウモリのなかま
原始的な魚のなかま
エイ・ギンザメ・ウナギのなかま
サンショウウオ・イモリ・アシナシイモリ
単細胞動物・クラゲ・サンゴ・ゴカイのなかま
エビ・カニのなかま
クモ・ダニ・サソリのなかま

これは大人の本で、文字もたくさんありますが、
とにかくあまり解説のない生き物ばかり扱ってくれているので、
あればとても重宝すると思います。
公共図書館はとっとと買った方がいいでしょう。

A4変/120ページ
前田喜四雄 監訳
朝倉書店
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月16日

エンジェルフライト 国際霊柩送還士

エンジェルフライト 国際霊柩送還士
佐々 涼子 (著)
20130716.jpg
海外で亡くなったかたが帰ってきたときに、空港で出迎える仕事をしている人たちのドキュメンタリーです。
確かに海外で亡くなるかたもいるに違いない。だからそういう仕事だって当然あるに違いないのに、この本読むまで考えたこともなかったですね。
そうしてただ出迎えるだけではなく、彼らがしているのは、傷ついている遺族がこれ以上傷つかないように御遺体の修復をすることなのです。
突然の死に家族は動転している…そこにつけこむ悪い連中がいるのは日本も海外も同じだし、国によって遺体の扱いはさまざまなので、解剖したあとをホッチキスでとめたままだったり、縫ってなかったり、なかには悪徳業者のずさんな処置で、傷んでしまった御遺体もあったり。
それを、対面したときに遺族が傷つかないように修復するのだそうです。
そうしてなによりも残ったのは、遺族には、たっぷりと悲しむ時間が必要なのだ、ということでした。
地震後の東北に対する、あの頑張れ頑張れの大合唱に対する違和感…。
いわれなくたって頑張らざるを得ないのに、これ以上なにを頑張れというのか?
頑張れ、といわれるより、一緒に嘆き悲しんでくれることのほうが役に立つのではないか?とずっと思っていたのですが、その疑問を解き明かしてくれた一冊でした。
学校図書館にはいらないかもしれないけど、司書は読んでおいたほうがいいよ。
賞をもらってます。

単行本:288ページ
出版社:集英社
サイズ: 19 x 13.4 x 2.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月11日

竜の夢

竜の夢
20130711.jpg
復刊ドットコムが出している佐藤史生の四冊目は大判の「竜の夢」。
昔雑誌でチラッと見て、ずっと探してた「夢見る惑星」の番外編です。
時代は大地が割れた大災害から150年ほど後。
ベニの族長カラ(といっても、読んでない人にはわからないでしょうが。すまん)の子孫の、ベニのあととりの少年と、国王タジオンの子孫である気の強い姫君が、雨を降らせてもらうために竜を探しに行き、大神官イリスとシリンの息子、と出会う、という、夢見る惑星シリーズのファンには応えられない設定です。
そのほかに、佐藤史生へのインタビューなども載っており、タジオンは南で王国を作った、とか、ゲイルとカラは再会する、とか、ズオーも生き延び北方王国を作った、とかの話もあって、あーぁ、それ描いて欲しかったよ〜、とつくづく思います。
60前に死ぬなんて早すぎたよ、佐藤さん!
でもとにかく、ファンは必見。

著者:佐藤史生
出版社:復刊ドットコム
判型:B5変
頁数:88 頁
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月10日

これで古典がよくわかる

(ちくま文庫)
橋本 治 (著)
20130710.jpg
これは2001年の本(ハ〜ドカバーはもっと前)なんで、下手すると売ってないかもしれないけど、図書館にはあるでしょう。
まずは、なんで古典というのは難しいと思っちゃうのか(まぁ、思ってるよね、普通は)から始まって、漢文と漢字+カナ文、漢字+かな文の違いと歴史について、詳細に説明してくれます。なるほどー、と思う話ばっかり。
今は正式な文章は、漢字+カナで書くものだったんだ、ということすら忘れられてるから、これ読んでへーっと思う人も多いはず。
いつもながら、橋本治の論理的な文章には、スカッとさせられます。

文庫:253ページ
出版社:筑摩書房
サイズ:14.8x10.4x1.4cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月09日

クッキングパパ

クッキングパパ
うえやまとち
20130709.jpg
毎回買っているのですが、気がつくと126巻です。
「クッキングパパ」。
地味ながらロングベストセラーの一冊。
実際に作れて美味しいので、私は「美味しんぼ」より「クッキングパパ」のほうが好きです。
それに、育児ができない男(主人公の父親ね)の話より、育児ができる男たちの話のほうが気分がいいうえに役に立ちますからね。クッキングパパ(表示は124巻)

コミック:200ページ
出版社:講談社
サイズ:18x12.8x1.8cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月08日

テルマエ・ロマエVI

テルマエ・ロマエVI (ビームコミックス)
ヤマザキマリ (著)
20130708.jpg
「テルマエロマエ6」出ました。
これで完結です。
まあこれ以外のラストは考えられないので意外性はありませんが、大団円、大好きですのでこれはこれで大満足です。
山崎マリさん、お疲れさまでした。

出版社:エンターブレイン
サイズ:18x12.8x2.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月05日

桜守のはなし

桜守のはなし [単行本]
佐野 藤右衛門 (著)
20130705.jpg
植木職人のなかでも、特に桜の専門家として名高い佐野籐右衛門さんの写真絵本です。
彼の語りは定評があり、これまでに何冊も本になってますが、
子どもに読める本はこれが初めてでしょう。

単行本:36ページ
出版社:講談社
サイズ:26.5 x 21.2 x 1.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月04日

やまもも 第37集―高知県こども詩集 お気に入りの場所

やまもも 第37集―高知県こども詩集 お気に入りの場所 [単行本]
高知県児童詩研究会 (編さん)
20130704.jpg
今年も、高知県こども詩集「やまもも37 お気に入りの場所」がでました。
サブタイトルに、教えて育てるよりも共に育つための児童詩、とついています。
確かに、音はどちらも“きょういく”だ。
この詩集は毎年たいそうできがいいのです。
ちゃんと自分の感覚を生かした“詩”になっているのが素晴らしい!
全国の学校にいれたい詩集です。

単行本:239ページ
出版社:高知新聞社
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月03日

言霊

言霊 (KCデラックス)
山岸 凉子 (著)
20130703.jpg
山岸涼子、のひさしぶりのバレエマンガは、メンタルトレーニングの話です。
その教室ではNo.1のバレエのせんせの姪っ子は、ちょっと澄(さやか)が抜きかけると、必ず何かを仕掛けてくる……。
こそっと、教室では最高だもんね、みたいなことをすれ違いざまにいったりするわけです。
つまり、コンクールではダメよね、と呪うわけ。
それに対抗する澄の手段は、たまたまあるコンクールで自分の前にでた子が転んでほっとしたことから、誰かが失敗しろ、失敗しろ、と祈る(呪うか?)ことでした。
でも、呪うと、どす黒い気持ちが自分のなかにたまるのに澄は気づき始めます。16才になってね。
そこからどうやって抜け出すか!
の物語。うまいよ!
しかし、このバレエの先生、何にも教えてないし、ひいきして生徒潰すようじゃ困るねえ!

コミック:168ページ
出版社:講談社
サイズ:17.8 x 12.8 x 1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月02日

花もて語れ 8

花もて語れ 8 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
片山 ユキヲ (著), 東 百道 (著)
20130702.jpg
出ました!
朗読マンガ「花もて語れ」の8巻です。
7巻の“おきなぐさ”に続く“注文の多い料理店”の賢治特集ー。
へー、これって、こう読み解くのかぁ〜、というところがいっぱいあって、
図書館員、教師必読マンガです。

コミック:203ページ
出版社:小学館
サイズ:17.8x12.8x2.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年07月01日

あやかし緋扇

あやかし緋扇 1 (フラワーコミックス)
くまがい 杏子 (著)
20130701.jpg

小学生女子が、くまがいせんせ〜、とご尊敬申し上げているそうな(ある公共図書館員情報)「あやかし緋扇」。いま四巻まで出ていて、一巻が2ヶ月に一回ずつ増刷されてるから、売れている少女マンガに入るでしょう。
読んでみたらびっくり。
とっても正統派!
喧嘩をしたら男子にも負けない男勝りの強い女子、未来(みく)が、なんでかしらないが、ユーレイに襲われるのを、同級生、草食系、神社の息子が、僕がお守りします!といって赤い扇子で除霊してくれる、というのが主なストーリー。
現実には強くても、ユーレイには勝てない未来のところに、次から次に怖いのが襲ってくるんだけど、グロにはならないほどよい怖さと、好きだから守るといったくせに、未来のお兄さんが死んだのは僕のせいだから、という罪悪感のせいだったのか、プンプン!
などというロマンスをひっからめて、ちゃんとイケメンで超強いライバル、高校教師、を出してくるとこなんざ、ね〜さん、一歩もはずさないねえ、です。
でもそっか。
昔、小学生女子の憧れは中学生だったのに、いまは高校生なんだね。
小学生一年女子がみらい文庫の「君に届け」をリクエストしてきたのはやっぱり、時の流れなんだなぁ。
もちろん、小学生ご用達なんで、幼い高校生にしかなれないんだが、うまいわ。
お子たち、見る目、ありますわ。

コミック:164ページ
出版社:小学館
サイズ:17.6x11x1.6cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他