2013年08月30日

深海魚ってどんな魚-驚きの形態から生態、利用

深海魚ってどんな魚-驚きの形態から生態、利用
尼岡 邦夫 (著)
20130830.jpg
キモカワイイ系に強い、ブックマン社の深海二冊目です。
文字が大きく読みやすいデザインなので、
この会社の本はたいてい小学校でも使えます。

単行本(ソフトカバー): 232ページ
出版社: ブックマン社
サイズ: 25.6 x 18.2 x 1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月29日

深海の怪物 ダイオウイカを追え!

深海の怪物 ダイオウイカを追え! (ポプラサイエンスランド) [単行本]
窪寺恒己 (著)
20130829.jpg
ダイオウイカについて、詳しいです。ポプラ社のダイオウイカの大人版。
科学者たちの“思い”が強いかな。

単行本:144ページ
出版社:ポプラ社
サイズ:21.2x18.4x1.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月28日

深海プロジェクト 2014年ポスターカレンダー 

深海プロジェクト 2014年ポスターカレンダー 


20130828.jpgこれは本ではありません。
ダイオウイカのポスターです。
でも、コーナーつくるには、便利です。とにかく、長いの!
あ、一応カレンダーです。

セット内容:ポスターカレンダー1枚入り(H180×W21cm)

※画像はイメージです
(c)NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月27日

すごいしんかいぎょ!

すごいしんかいぎょ! [単行本(ソフトカバー)]
深海生物探検隊 (著)
20130827.jpg
著者の迷解説がユニークです。
お金がないの!
というところでしいて、というわけではありませんが、ゆとりのある公共図書館などではあると広がります。

単行本:ソフトカバー:127ページ
出版社:壽屋
サイズ:18.6x13x1.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月26日

深海探検

深海探検 (洋泉社MOOK) [ムック]
20130826.jpg
ダイオウイカ以外の深海は、このムックをーー。
子ども用に作ってあるわけではないですが、じゅうぶん小学校でも使えます。

ムック:111ページ
出版社: 洋泉社
サイズ: 28.6
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:43| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月23日

ダイオウイカと深海の生物

ダイオウイカと深海の生物

さて、今年の目玉、ダイオウイカは学研のムックをー。
感じがよくて安いです。
千円。
雑誌タイプのものは出たときに買わないと無くなります。
お早めに。
20120823.jpg
ムック:65ページ
出版社: 学研パブリッシング
サイズ: 28 x 20.6 x 0.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月22日

深海世界

今年の夏のテーマは“深海”です。
なので、まずは深海の絶対買い、の基本図書は「学校図書館の本の選び方」にも載せましたが、この「深海(アビス)」とパイインターナショナルの「深海世界」をー。
どちらも美しく、素人からマニアまで楽しめる逸品です。
20130822.jpg
単行本:96ページ
出版社:パイインターナショナル
サイズ:19.8x19.2x1.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月21日

算数を忘れた国の冒険 脱出編

算数を忘れた国の冒険 脱出編 (遊々算数アドベンチャー) [単行本]
正木 孝昌 (監修)
20130821.jpg

算数の本で、ひさしぶりに使える本をみつけた、!
まだ出版されてるかなぁ。
といっても、やっぱり、子どもにじかにはだせない。
でも、大人が読んで、子どもに説明したり、
授業したりする材料には最適。だから、司書はみといてね。

単行本:207ページ
出版社: 学校図書 (2003/12)
サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月20日

姫の竹、月の草―吉井堂謎解き暦

姫の竹、月の草―吉井堂謎解き暦 [単行本]
浮穴 みみ (著)
20130820.jpg

学校図書館にはむかないけど「姫の竹、月の草」双葉文庫
面白い!
なぜ向かないかというと、時代ものミステリーだから。
謎解きのネタは科学だから、あと捕り方はでてこないから、
捕物帖とはいえないと思うんだけど、小中学生にウケるとは思えないからさ。
でも大人が楽しみで読むならいいと思うよ。
軽くなく、そう重くもなく。
文章がうまいんだ。
京都の山科の駅前の店員さんのお薦め(ポップつき)だったの。
シリーズ全部読もうっと!

単行本:364ページ
出版社:双葉社
サイズ:19.2 x 13.6 x 2.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 04:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月19日

美術館ってどんなところ?

美術館ってどんなところ? [大型本]
フロランス デュカトー (著), シャンタル ペタン (イラスト), 野坂 悦子 (翻訳), 青柳 正規
20130819.jpg

イラスト、チョーカッコいいです。
惚れ惚れします。
でも、最初のかんじんの、美術館とはなにか、がちゃんと定義されずに始まっちゃってます。
美術館はなにをするとこなのか、具体的に説明してありますが、ちょっと遊びすぎててわかりにくいです。
美術、好きな人には楽しいです。
好きじゃない人はわかんないかも、なんで、これ以前の本が一冊あるといいんだけどなぁ。

大型本
出版社:西村書店
サイズ:26.2x25.2 x 1.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月16日

かいけつゾロリ なぞのスパイと100本のバラ

かいけつゾロリ なぞのスパイと100本のバラ: かいけつゾロリシリーズ53
(ポプラ社の新・小さな童話 (280)) [単行本]
原 ゆたか (著, イラスト)
20130816.jpg

単行本:103ページ
出版社: ポプラ社
サイズ: 21.6 x 15.2 x 3.8 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月15日

ランドセルは海を越えて (シリーズ・自然 いのち ひと)

ランドセルは海を越えて (シリーズ・自然 いのち ひと)
内堀 タケシ (著, 写真), 内堀タケシ (その他)
20130618.jpg
アフガニスタンに、ランドセルに学用品をいれて、送っているグループがたいますが、これはもらったランドセルを抱えて喜ぶ子どもたちの写真絵本です。
ランドセルって、丈夫なんだよね。
とても六年じゃ使い切れない。
このやりかた考えた人、えらいね!
大事にとっとく人もいるだろうけど、はっきりいって邪魔だもの。
ランドセルイコール学校へいくための特別なかばん、と認識されているらしく、ランドセルをしょっている子が村の中にいると、ほかの親に対するアッピールにもなるそうです。
アレンジすれば、読み聞かせにも使えます。

単行本:40ページ
出版社:ポプラ社
サイズ:26x21.2x1.4cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月14日

あやかし緋扇 9

あやかし緋扇 9 (少コミフラワーコミックス)
くまがい 杏子 (著)
20130814.jpg

9巻出ました。
小学生女子にウケるものは少ないので貴重です。

コミック:184ページ
出版社:小学館
サイズ:17.4x11.2x1.6cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月13日

小林が可愛すぎてツライっ!! 3

小林が可愛すぎてツライっ!! 3 (少コミフラワーコミックス)
池山田 剛 (著)

20130813.jpg
三巻です。
はっやーい。
数少ない小学生女子にウケるシリーズです。
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月12日

パパの電話を待ちながら

パパの電話を待ちながら [単行本]
ジャンニ・ロダーリ (著) , 内田 洋子 (翻訳)

見つけました。
20130812.jpg

これはイタリアの作家、ジャンニ・ロダーリの、出張で国中飛び回ってて毎日いない、
営業マン のパパが毎晩娘に電話してお話を一つする、その話をまとめたもので、お話はごく短い(電話代高いから)。
というわけで、ストーリーテリング、もしくは、毎晩読んでやるのに向いてます。
子どもの本の装丁はしていないので、わかりにくいですが、子ども向きの本です。

単行本:194ページ
出版社:講談社
サイズ:19 x 13.6 x 2.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 04:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月09日

いしのはなし―きれいでふしぎでやくにたつ、ちいさなちきゅう

いしのはなし―きれいでふしぎでやくにたつ、ちいさなちきゅう [大型本]
ダイアナ アストン (著), シルビア ロング (イラスト)千葉 茂樹 (翻訳)
20130809.jpg
たまごのはなし、に続くこのコンビの三冊目です。
またまたうまい!
読み聞かせできる科学絵本がもう一冊増えました。

大型本:32ページ
出版社:ほるぷ出版
サイズ:28x23.4x0.8cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月08日

アイルー村

アイルー村
20130808.jpg
いま結構人気、の一冊。安いし、試してみてもいいと思うよ。
著者/編集:相坂ゆうひマーブルCHIKO


出版社:アスキー・メディアワークス KADOKAWA
サイズ:新書
ページ数:189p
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月07日

考古学ふしぎ図鑑 世界の発掘現場と冒険家たち

考古学ふしぎ図鑑 世界の発掘現場と冒険家たち
Stephane Compoint (原著), 野中 夏実 (翻訳), ステファヌ コンポワン, 青柳 正規
20130807.jpg
おっ、カッコいいなぉ、と思ったら、やっぱり外国の本でした。
フランス製。
これは世界の発掘現場、の写真と解説の本です。
つまりは考古学ね。
あともう三行解説が欲しい、と思いますが、魅力的です。
そうして、表紙があまりうまくないのですが、めげないでください(しかし、なぜこれ?)。
読み聞かせ用に加工できます。

大型本:79ページ
出版社:西村書店
サイズ:31.2x25.6x0.8cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月06日

変光星―自閉の少女に見えていた世界

森口 奈緒美 (著)
20130806.jpg
日本からは「変光星」をーー。
ようやく、また復刊されました。
これも、世界をどうとらえ、感じているかを説明してくれた本です。
電車は、誰かが降りて誰かが乗ってくるから混乱するのだ、誰も途中で降りずに乗ってこないなら大丈夫、という説明に、なるほど、と思った覚えがあります。
当時の日本では画期的な一冊でした。

単行本:334ページ
出版社:花風社
サイズ:19x13.6x3cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月05日

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活

僕の妻はエイリアン―「高機能自閉症」との不思議な結婚生活 (新潮文庫) [文庫]
泉 流星 (著)

日本の本から。
「僕の妻はエイリアン」
高機能自閉症の妻と夫の暮らしを書いたもので、まあこれには一つ仕掛けがあるんですが、それは読んでのお楽しみ。
読みやすく、わかりやすい文章です。
20130805.jpg
文庫:300ページ
出版社:新潮社
サイズ:15.2x10.6x1.2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月02日

俺ルール!―自閉は急に止まれない

俺ルール!―自閉は急に止まれない [単行本]
ニキ・リンコ (著)
20130802.jpg

翻訳家、ニキ・リンコの、アスペルガーが、どう考えるのか、という解説です。
いったいなにがわからなくて、どう勘違いするのか、へええぇ、ですよ。
たとえば、えーと、インテリア雑誌を見たら、見た部屋と同じ部屋に住まなかったら嘘ついたことになる……???とか。
大人になるにつれて自分がかんちがいしていることや、ほかの選択肢もある、ということにだんだん気がついていって、説明してくれるようになったわけですが、大きくなるってありがたいことですね。
子どものときには、大なり小なり、いろんなことを勘違いするものですからこういう経験は誰にでもあることでしょう。
別にアスペルガーのことを知りたいというわけではなくても、ものごとを、こういう風に見ることができるんだ!というものに溢れているので、新鮮で魅力的な一冊です。

単行本:316ページ
出版社:花風社
サイズ:18.6x13x2.4cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年08月01日

我、自閉症に生まれて

我、自閉症に生まれて
テンプル グランディン (原著)
マーガレット・M. スカリアーノ (著)カニングハム 久子 (翻訳)
20130801.jpg
基本の本です。
テンプルの「我、自閉症に生まれて」
日本版は、題名がいかめしいのと、表紙の地味さのせいで、知らなきゃ手に取らないと思いますが、初期の一冊の代表だと思います。
といっても、1994年なんだよなぁ。
この20年間、こういうことに関しては劇的に変わったよね、いい方向に。その、まだまわりに理解がなかった1950年代に自閉症と診断された女性の半世紀の自伝です。
母親の愛情と信頼、そうして教師たちが彼女を守り、育てた記録でもあります。
彼女は成長して動物学の教授になりました。

2010年にアメリカではテレビドラマになり、エミー賞もらったはずですが、日本では放映されなかったよね?
確か……。
DVDも売ってます。

単行本:268ページ
出版社:学研
サイズ:19x13.6x2.8cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 04:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他