2013年09月30日

3月のライオン 9

3月のライオン 9 (ジェッツコミックス) [コミック]
羽海野チカ
20130930.jpg
やった!
「三月のライオン」9巻出ました!

出版社:白泉社
サイズ: 18 x 13 x 2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:49| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月27日

嘘解きレトリック 1

嘘解きレトリック 1 (花とゆめCOMICS)
都戸利津 (著)
20130927.jpg

この人のマンガは本屋さんではみつからないくらいなんで、
注文しないと買えないかもしれないが、いつもなかなか品がよい佳作です。

コミック:189ページ
出版社:白泉社
サイズ:17.4x11.2x1.8cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月26日

戦火と死の島に生きる―太平洋戦・サイパン島全滅の記録

戦火と死の島に生きる―太平洋戦・サイパン島全滅の記録 (少年少女世界のノンフィクション)
菅野 静子 (著)
20130926.jpg
重版されました。

集団自決が多かったサイパン島で、生きのびたひとりの少女の記録です。
1970年に作られた本ですから(文庫化はされていますが)もういまこの本を知っている人も少ないだろうと思います。
もしかして、サイパン島の話も知らないかもしれません。
端正でしっかりした、とてもすぐれた文章です。
読みやすい新しい書体とデザインにしてくれました。
まだのかたは、お読みください。
学校にも入れてね。

単行本:218ページ
出版社:偕成社
サイズ: 21.4 x 15 x 2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 00:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月25日

森の博物館

森の博物館 稲本 正 (著)
20130925.jpg

植物がどうやって変化してきたのか、ずっと知りたいと思っていましたが、私に読めるような本はありませんでした。
これでも四苦八苦ですが、なんとか読めます! というか、いままでのものと比べれば、画期的に易しいと思います。
単行本: 191ページ
出版社: 小学館
サイズ: 21.2 x 15.2 x 2.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月24日

世界恐竜発見史

世界恐竜発見史―恐竜像の変遷そして最前線 [ハードカバー]
ダレン・ネイシュ (著), 伊藤 恵夫 (監修), 春日 清秀 (翻訳), 舟木 秋子 (翻訳)
20130924.jpg
ようやくでました。
恐竜について、いままでどう研究してきたか、ということについて書いた本が欲しかったのですが、読みやすいビジュアル系で出たので大満足です。
よかったよかった。
司書は必読!

ハードカバー:192ページ
出版社: ネコ・パブリッシング
サイズ: 28.2 x 22 x 2.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月20日

沖縄マジムン図鑑―みんなのまわりにいる、あんなマジムン、こんなマジムン

沖縄マジムン図鑑―みんなのまわりにいる、あんなマジムン、こんなマジムン
比嘉 淳子 (著), 山里 將樹 (イラスト)
20130920.jpg
これはいいも悪いもなく、類書がないのつな、
必要なとこは買ってください。沖縄のまじむん
(魔物)たちです。

単行本(ソフトカバー): 96ページ
出版社: 主婦の友社
サイズ: 21 x 15 x 1.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月19日

ポケモン わくわく超めいろ

ポケモン わくわく超めいろ [大型本]
嵩瀬 ひろし
20130919.jpg
ポケモンの迷路は人気です。
あればあるだけ借りてってくれるので、場所も取らず、貸し出し冊数も増えます。
何よりも、図書館は、自分たちの味方だ、と子どもたちに思ってもらえます。
これ、大事!

大型本:31ページ
出版社: 小学館
サイズ: 30.7 x 22 x 1.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月18日

ミルクこぼしちゃだめよ!

ミルクこぼしちゃだめよ!
文:スティーヴン・デイヴィーズ
絵:クリストファー・コー
訳:福本友美子
20130918.jpg
アフリカのお話
遠く離れたところにいるお父さんのところまで、女の子が鉢にいっぱい、ミルクを絞って届けます。
彼女が自分でやりたい、といったのです。
細心の注意を払って山を越え、川を渡り、運んだのに、お父さんの目の前で、大きな大きなマンゴーが落ちてきて、バッシャーン!
さて、お父さんはどうしたと思う?

愛情に満ち溢れた、読み聞かせ、好適品。

出版社: ほるぷ出版
サイズ24.0×28.0cm
32ページ
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 09:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月17日

図書館に児童室ができた日

図書館に児童室ができた日: アン・キャロル・ムーアのものがたり (児童書)
ジャン ピンボロー (著), デビー アトウェル (イラスト), 張替 惠子 (翻訳)
20130917.jpgアメリカでも、子どもは図書館から本を借りることができませんでした。
それも、女の子は本なんか読むよりも、刺繍をしたり、家事手伝いすることを求められました。
でも、アン・キャロル・ムーアはできたばかりの図書館学科にはいり、司書になることを選びました。
アンだけではありませんが、子どもに貸したら無くされる、汚されると反対する古参の司書たちを説得し、堅苦しい本のほかに、楽しい本をいれ、児童室を作り、児童サービスを考え、伝説の児童室司書になったのです。

ある意味、今もアンとおんなじ努力をしなければならない……頭の固い古参の司書たちを説得し、新しい本を入れ、新しいサービスを考え……を考えるとため息がでます。
やっぱり昔からそうだったのねえ、ですよ。
今となっては、子どもたちに、本を大事にすると誓わせる、という儀式も子どもたちに失礼ですが(大人にそんなこと要求しますか?)司書はよんでおいたほうがいいでしょう。
先人の努力は敬われるべきものですから。

大型本:40ページ
出版社:徳間書店
サイズ: 27 x 20.6 x 1 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 04:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月13日

雑草の呼び名事典

雑草の呼び名事典 (写真でわかる)
亀田 龍吉 (著)
20130913.jpg
きれいで見やすい、素敵な一冊です。

単行本:128ページ
出版社: 世界文化社
サイズ: 21.2 x 15 x 1.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月12日

妄想工作

妄想工作
乙幡 啓子 (著)
20130912.jpg
これをそのまま作るわけにはいきませんが、ヒントにはなる「妄想工作」
世の中には面白いこと考える人がいるもんだ。

単行本:141ページ
出版社:廣済堂出版
サイズ:17.2 x 13 x 1.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 08:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月11日

万葉集の植物たち

万葉集の植物たち
川原勝征 (著)
20130911.jpg
万葉集にでてくる歌と植物、両方解説してくれるので、大変ありがたい一冊です。
ニワトコ、とか、しきみ、なんて初めて見たよ。

ただ、写真がちょい古いのと(万葉集も古いからいいか、とも思っちゃうが)南方新聞社なので鹿児島しか頭にない記述なんだよね。
それはそれでたいそう面白うございますが。
古典読むにはこういう本は必須。

単行本(ソフトカバー): 216ページ
出版社: 南方新社
サイズ: 21.2 x 14.8 x 1.2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月10日

虫の呼び名事典

虫の呼び名事典 (散歩で見つける)
森上 信夫 (写真)
20130910.jpg
この手の本には珍しく、写真、きれいです。大きいです。
準、買いね!

単行本:128ページ
出版社:世界文化社
サイズ: 21 x 15 x 1.4 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月09日

バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑

バッタ・コオロギ・キリギリス生態図鑑 単行本
村井 貴史 (著), 伊藤 ふくお (著), 日本直翅類学会 (著)
20130909.jpg

数少ないカマキリバッタ仲間の一冊
安くて表紙がいまいちなのですが、中身は充実します。
もう少し大きくて、表紙がいいということないんだけどなぁ。

単行本(ソフトカバー): 452ページ
出版社: 北海道大学出版会
サイズ: 18.8 x 12.8 x 2.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月06日

甲虫 カタチ観察図鑑

甲虫 カタチ観察図鑑
海野和男 (著)
20130906.jpg
絶対買い!の昆虫本です。
写真が大きくてカッコいいので、
どなたにも楽しんでいただけます。

大型本:120ページ
出版社:草思社
サイズ:22x19.6x1.6cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 05:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月05日

ダンゴムシの本 まるまる一冊だんごむしガイド~探し方、飼い方、生態まで

ダンゴムシの本 まるまる一冊だんごむしガイド~探し方、飼い方、生態まで
奥山 風太郎 (著), みのじ (著)
20130905.jpg

ダンゴムシの詳しい本が、出ました。その名も「ダンゴムシの本」。
写真がピンボケなのと、文字が小さいので、子どもには無理でしょう。
でも、大人が読んで、話してやるのなら、面白い話がたくさんあります。
子ども用に一冊作って欲しい。

単行本:144ページ
出版社: DU BOOKS; A5版
サイズ: 20.8 x 14.8 x 1 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月04日

塵騙 ゴミムシダマシ

塵騙 ゴミムシダマシ: マイクロプレゼンス3
(マイクロプレゼンス (3)) [大型本]
小檜山賢二 (著)
20130904.jpg
---昆虫週間です。
マイクロ写真の傑作「ゾウムシ」「ハムシ」の続編が、出ました。
「ゴミムシダマシ 」です。
正直いって、そんな昆虫がいるなんて、全然知りませんでした。
こんなんがホントにいるのか!ですがいるのねえ。

大型本:128ページ
出版社:出版芸術社
サイズ: 30 x 22.8 x 2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 07:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月03日

世界の美しい魚

世界の美しい魚松浦啓一 (著)
20130903.jpg
パイインターナショナルの新刊「世界の美しい魚」出ました。
タイトル通り、美しい魚の写気だてのいい、気持ちいい写真集です。

誰にでもウケるでしょう。

単行本(ソフトカバー): 192ページ
出版社:パイインターナショナル
サイズ:15.2x15x2cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 06:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他

2013年09月02日

深海生物―奇妙で楽しいいきもの

深海生物―奇妙で楽しいいきもの
石垣 幸二 (著)
20130902.jpg
いま、一番人気のダイオウグソクムシの表紙です。
魅力的な一冊。かなり買い

単行本:143ページ
出版社:笠倉出版社
サイズ:21 x 14.8 x 2 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 04:00| 月刊誌・雑誌・名作・評論・他