2012年02月29日

世界のカブトムシ THE MUSEUM OF RHINOCEROS BEETLES

世界のカブトムシ
THE MUSEUM OF RHINOCEROS BEETLES
今森 光彦著  塚田 悦造監修 
20120229.jpg
「世界のクワガタムシ」から何年待ったことか!
ようやくでました「世界のカブトムシ」。
美しい。
小・中・高、買い、でしょう。
ひとつだけ
最初のヘラクレスオオカブト、索引に載ってないと思うんだが、なぜ?
私、見逃した?

出版:アリス館
231ページ
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 03:00| 科学・自然・学術系

2012年01月05日

スノーボール・アース

スノーボール・アース
ガブリエル・ウォーカー (著), 渡会 圭子 (翻訳)
20120105.jpg
しばらく、寒そうな本の特集です。
まずは「スノーボールアース」2003年にでた本の文庫本ね。
書いてるのはサイエンスライターで、毎日出版文化賞をもらってます。
でもところどころうまくないね。
でも内容が凄いのと、科学者本人に書かれるよりはよっぽどまし!なんでまぁ、これでもいいや、と思います。
これは、地球は全面的に凍りついたことがある、という説ですが、まず部外者にはそのアイデアが、なぜ地質学者にはそんなにも拒絶反応をひきおこすのかがよくわからない、わかりにくい原因だと思われます。
だって私そういわれたら、へー、そうなんだ〜、と思わない?
ところが地質学者にはこれは受け入れられない考えかたらしく、しかもそれは向こうの"常識"なんで、詳しく説明してくれない。
大陸が動く、という説(いまは承認されてる)ですら、つい最近まで認められていなかった、ということのほうがよっぽどオドロキだよ。

でも一つ一つの発見を思考で組み上げていく過程はとても面白い。
あー、これ、書き直したい!
と思ってしまった。
地球は44億才…。
そのうち、40億年は微生物くらいしかいなかったそうで、いまのこの生物発生の爆発はなぜ起きたか?
が学者たちの問題の一つなんですが、それを地質学的に解き明かせるかもしれない…といわれるとちょっとわくわくするでしょ?

地球は何度も凍りついたということは、これからだって起きるかもしれない、ということで、それが怖いから受け入れられないっていわれてもねえ。
本当にそうならしかたないやん。
日本は宗教上のタブーもなく、新しもの好きだし、科学的な知識もかなりあ入ってるので、新しい学説を抵抗なく受け入れる土壌なのかもしれません。
手塚治虫さまさまだよ。
彼とアトムが科学の知識を広めたんですから。

定価:1,995-
単行本:293ページ
出版社:早川書房
サイズ:19x13.8x2.4cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 12:00| 科学・自然・学術系

2011年11月10日

ビジュアル 地球大図鑑

ビジュアル 地球大図鑑 (ナショナル・ジオグラフィック)
マイケル・アラビー (著)
20111110.jpg
写真では定評のあるナショナルジオグラフィックの地球の写真図鑑です。あらためて見ると、へぇ〜と思うところばかりです。
地球は面白いよ。
定価:6,800-
単行本:256ページ
出版社:日経ナショナルジオグラフィック社
サイズ:30x23.8x3cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:07| 科学・自然・学術系

2011年08月08日

骨―動物の内側を見る

骨―動物の内側を見る
ジニー ジョンソン (著), Jinny Johnson (原著), Elizabeth Gray (原著), 小梨 直 (翻訳), エリザベス グレイ
20110808.jpg
もう品切れかもしれないけど、いま見ても惚れ惚れします。 1ダースほどのいろいろな生物の骨格のイラストなんですが、なんていうか暖かいの。 骨はなぜか“オタク(本質的でないこと)”になりやすいアイテムなので、要チェックです。 巻末に索引付きです。
大型本:46ページ
出版社:白水社
サイズ:33.6x26.8x1.4cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:25| 科学・自然・学術系

2011年06月29日

科学キャラクター図鑑シリーズ「数学」

科学キャラクター図鑑シリーズの「数学」がでました!
追加で買ってください
20110629.jpg
価格:1,470-
単行本
ダン・グリーン (著)サイモン・バシャー (イラスト)
原田 佐和子 (翻訳)
出版社:玉川大学出版部
サイズ:17.6x17.6x1.2cm
ソフトカバー:64ページ
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:07| 科学・自然・学術系

2011年06月23日

生物の進化 大図鑑

生物の進化 大図鑑
20110623.jpg
これは大人の本ですが、もう小学校から入れていい、と思います。読むとこ満載すぎてま だ全然読めてなんかいないけど、毎晩一ページずつ 読みたい本です。
定価:9,975-
マイケル・J・ベントン 他 (監修) 小畠 郁生 (監修)
出版社: 河出書房新社 (2010/10/26)
サイズ:30.2x26.4x4.2cm
大型本:512ページ
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:20| 科学・自然・学術系

2011年06月22日

あさがお

あさがお
20110622.jpg
写真ではなく、イラストのあさがおです。
おとなしめのイラストなんで、子どもたちに気に入ってもらえるかどうかは試してみない
とわかりませんが、説明したいとこを見せられる、 という利点をうまく使っているので
小学校は、買い!でしょう。
定価:1,260-
荒井真紀 (著, イラスト), 高橋秀男 (監修)
出版社: 金の星社
サイズ:24.4x20.8x0.6cm 大型本
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 11:17| 科学・自然・学術系

2011年05月25日

元素図鑑 宇宙は92この元素でできている

主婦の友社
20110525.jpg
元素図鑑とあわせて、その解説書も出ました。まずこのタイトルからして、こういう認識ってしてないと思う。ヒトもミミズも惑星も、同じもので、できている、なんて!
各ページ読み切りなんでどこからでも読めます。
火山の爆発?お金?ハンバーガー?お好きなところからどうぞ。
でもみーんな元素からできているんです。
定価:1,890-
大型本:96ページ
出版社:主婦の友社
サイズ:28.6x23.8x1.6cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:15| 科学・自然・学術系

2011年03月18日

テーマ”地震”その3(3日間連続の最終)

20110318.jpg
●「TSUNAMIをこえてースマトラ沖地震とアチェの人びと」
著者 訳者:アチェ・フォトジャーナリストクラブ
写真:藤谷健.文
出版:ポプラ社
サイズ 57P 27cm
販売価格:1,365円
●「地震の大常識」
地震の大常識 これだけは知っておきたい
佐々木ときわ/文 大宮信光/文 溝上恵/監修
出版:ポプラ社
販売価格: 924円
●「地球探検」大日本絵画
ジェン・グリーン/ぶん 影山みほ/やく
出版:大日本絵画 (大日本絵画)
サイズ:29P 31cm
販売価格:3,360円
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:40| 科学・自然・学術系

2011年03月17日

テーマ”地震”その2


20110317.jpg
●「地震のイツモノートー阪神・淡路大震災の被災者167人にきいたキモチの防災マニュアル」
木楽舎
出版社:名木楽舎
発行年月 2007年04月
サイズ 155P 18cm
定価 1,500円

●「地震のひみつ」
出版社:学研
サイズ:菊判 148頁
創刊日:1992年7月17日
定価 840円

●「地球探検隊ー地震だ!」
出版社:リブリオ
地球たんけんたい 全6巻 
パトリック・ローバー他・文 
ホリー・ケラー他/絵 
神鳥統夫・訳

セット定価 9,450円
各定価 1,575円
サイズ:18×32cm 各32頁

1.とべ!宇宙船“地球号”
2.山は生きている
3.火山 大ばくはつ
4.地震だ!
5.水のぼうけん
6.石は知っている
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 11:04| 科学・自然・学術系

2011年03月03日

歴史のレファレンスは岩崎書店!

歴史のレファレンスは岩崎書店のオンパレード!
20110303.jpg
●「日本のくらしの知恵事典」
小学校中学年 〜 一般向け
6300円(税込み)/本体6000円+税
サイズ A4変型判 29.0×21.5
ページ数 176頁
●「昔のくらしの道具事典」
対象年齢 小学校中学年 〜 一般向け
価格 5250円(税込み)/本体5000円+税
サイズ A4変型判 29.0×22.0
ページ数 176頁
●「昔の子どものくらし事典」
対象年齢 小学校中学年 〜 一般向け
価格 5250円(税込み)/本体5000円+税
サイズ A4変型判 28.5×22.0
ページ数 176頁
●「ジュニア日本の歴史辞典」
対象年齢 小学校高学年向け
価格 9975円(税込み)/本体9500円+税
サイズ A4変型判 28.7×22.0
ページ数 480頁
●「すぐに使える日本なんでも年表」
対象年齢 小学校高学年 〜 中学生向け
価格 7980円(税込み)/本体7600円+税
サイズ A4変型判 29.0×22.0
ページ数 256頁

なんか、散漫な印象は否めませんが(-_-;)、
日本の本をDKに作ってくれ、というわけにもいかん。
お金があったら買ってもいいかな・・です。
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:10| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年03月02日

ものづくり道具のつかい方事典

20110302.jpg
ものづくりで方向は違うけど「ものづくり道具のつかい方事典」岩崎書店
これがベストワン!というわけじゃないけど、一番の基本はちゃんと書いてくれているので学校図書館は買っといたほうが……。
でもって自分でも読みましょう。
工作嫌いだった人には新しい発見満載だと思う。
スプレーのりの缶は振ってから使う、とか・・・・

大型本: 175ページ
出版社: 岩崎書店
サイズ: 28.2 x 21.2 x 2.4 cm
¥ 5,250
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:08| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年02月25日

ポップアップ モノのはじまり へぇ〜!?図鑑

20110225.jpg
ものがどうやってできたか、のラストの本は
ポップアップ モノのはじまり
へぇ〜!?図鑑
ロバート・クラウサー
(小学校低学年から)
台所なら台所、のさまざまな道具の成り立ちをフラップ(めくるやりかたの仕掛けね)で解説してくれます。
大人気!のわりに、壊れにくいよ。
作: ロバート・クラウサー
訳: 野間香与子・小峰書店編集部
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
税込価格:\2,520
発行日:2009年02月

●関連
 しかけ絵本の世界
 「知育しかけ絵本」シリーズ
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:17| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年02月24日

こんなふうに作られる!玉川大学出版部

こんなふうに作られる!玉川大学出版部
20110224.jpg
表紙があまり子どもむけじゃないけど、メカだけじゃなく、トマトケチャップみたいなものまで、作り方の解説が入っている。
一応、司書は目次くらい、目を通しておきましょう!
出版社名 : 玉川大学出版部
税込価格 :3,990円
頁数・縦 :160P 29cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:02| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年02月23日

ビジュアル分解大図鑑(日経ナショナルジオグラフィック社)

20110223.jpg
これは新しくて、見るからにカッコいい!
一つのメカを(たとえばヘリコプター……)それぞれの部品にバラして解説してくれる。
名前も教えてくれるので便利、かつなんかきかれたときの助っ人本の一つ。
大型本:255ページ
出版社:日経ナショナルジオグラフィック社 (2009/12/23)
発売日:2009/12/23
サイズ:30.2 x 25.6 x 2.4 cm
\ 6,800-
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:38| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年02月22日

モノづくり断面図鑑(偕成社)1998年

モノづくり断面図鑑(偕成社)1998年

20110222.jpg
今週は、ものつくり本特集。
これはどうやってできあがるのか、という話が、2、3、4、年生はものすごく好きだ。
そういうなかでもこれは古株。
でたときは画期的だった!まだ売ってたらとりあえずゲット!
大型本: 32ページ
出版社: 偕成社
サイズ: 35.4 x 27.4 x 1 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:35| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年02月17日

「イカロス君の大航海」

「イカロス君の大航海」JAXA(宇宙航空研究開発機構)
ハヤブサ、のジャクサ、から“イカロス君の大航海”という絵本がでました。
イカロス、というのは、世界で初めての、太陽光を受けて飛ぶ、宇宙ヨットです。
やりたいことはわかる!
でもさ……。
最近科学系のところが、マンガや絵本を作るのが目立ちますが……。
頼むから!
こういうもの作りたいときは相談してくれっ!
どんな世界も基本セオリーってあるんだよっ!
擬人化さえすれば子ども向けになるわけじゃないんだよ……。
金かけて労力払って作ったんでしょ?そりゃ、あなたがたが普段読んでる専門書と比べたら、格段にわかりやすい本だろうと思うよ。
でもいったん本になったら、他の本と並ぶんだよ?
360円だから、買いやすいし、企画そのものはいいよ。
でも、お願い!児童書には児童書のハウツウがあるんだよ。
頼むから身内だけで、中途半端なものを、作らないでください!
20110217.jpg
「イカロス君の大航海」
JAXA(宇宙航空研究開発機構)編さん
発行年月日:2010/12/20
販売価格:360円(税込)
出版社: 日経印刷 (2010/12)
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:33| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年02月14日

地球探検--仕掛け絵本

20110214.jpg
大日本絵画、が出してる仕掛け絵本の探検シリーズ、
は全部買い!ですが、
その一冊「地球探検」のなかに、火山の噴火のシーンがあります。
九州の噴火の新聞記事を展示して、
そのまんなかに一冊飾るのに、使えます。
リブリオのちきゅうたんけんたいシリーズのなかの一冊と、
フリズル先生のシリーズにも一冊。中学なら、
かこさとしの富士山ばくはつ、も使えます。 火山の噴火は日本列島どこでも人事ではありません。
灰のかたづけのボランティアにいっている記事などもあります。
次の展示に切り替えるときにはみんなファイルして、
資料として使うようにします。
図書館員は、ない資料は自分で作るのです。
----
作:ジェン・グリーン
訳:影山 みほ(R.I.C出版)
出版社:大日本絵画
税込価格:\3,360
発行日: 2010年00月
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 10:48| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年02月07日

「生きもの、お宅拝見」

保育社の「生きもの、お宅拝見」が面白い!
ただ、鳥の巣を並べる、みたいなのではなくて、
立体的にその生き物の暮らしぶりが浮き上がってきます。
サイズも手頃。
色もきれい!
シリーズであるなら他のも欲しい!
小中高共通!
20110207.jpg
「生きもの、お宅拝見」
\1,890-
出版社: 保育社 (2010/12/13)
発売日: 2010/12/13
本のサイズ: 18.6 x 13 x 1.6 cm
posted by 本の探偵 赤木かん子 at 13:21| Comment(0) | 科学・自然・学術系

2011年01月19日

考えるキノコ−摩訶不思議ワールド−

しばらく前からINAX(あのINAXですよね?)が、写真シリーズを作っているんですが、今日の一冊はそのなかのひとつ「考えるキノコ」ーー。なぜかというと、きのう牧野植物園に行ってきたから(^-^)前からこの本は知ってたけどまだ持ってなかった。
とにかくビジュアルに凝ってる本で、ADが祖父江慎だよ?!
奥付に、プリンティングディレクターやフォントディレクターまで書いてある、という凝りようだ。
写真もいいし、18世紀以降のキノコのイラストも知らなかったものばかり。
キノコのメインにはならないけど、サブとしてピカ一!
20110118.jpg
著者 飯沢耕太郎、大舘一夫、佐久間大輔、吹春俊光
定価 1,575円(税込)
A4判変型(210mm×205mm) 並製 75頁(カラー36頁)
ISBN 978-4-87275-846-7 2008年12月15日発行

posted by 本の探偵 赤木かん子 at 12:58| Comment(0) | 科学・自然・学術系